現地大学講師が発信する、タイ旅行&生活を楽しくするための情報。来てよかった的な。

タイの労働許可証(ワークパーミット)とは~費用や取得方法など

タイで働くすべての外国人は、法律によりビザと労働許可証(ワークパーミット)を持っていなければなりません。

 

これは政府が外国人に発行する、タイで働いて給与を受け取り、社会保障制度への登録することを許可しますよ、という書類で、ある意味ビザと同じかそれ以上重要なものです。

 

大使館で働く人など一部例外がありますが、どんな仕事であっても、ボランティアとしてでも、タイで働くには許可が必要です。

 

この記事ではワークパーミットについてまとめてみました。

 

タイで働く予定の方の予備知識となれば幸いです。

 

タイの労働許可証を取得するには?

まず、タイのワークパーミットを得るには、それに準ずるビザが必要になります。

 

ツーリストビザではその基準を満たすことができませんので、ノン・イミグラントビザのタイプB(ビジネス、就労)またはタイプO(家族またはボランティアビザ:就労者の家族、タイ人との婚姻など)をタイ国外の大使館で申請します。

 

*私の妻は家族ビザで来タイしてから仕事を得て、Oビザ→Bビザに変更することができました。

 

一般的に、雇用主は就労者のためにビザ発給に必要な書類を作成してしますが、この書類は、雇用主が就労者と雇用契約を結び、タイでの保証人となることを意味するものなので重要です。

 

タイでの雇用主は、登記がなされている会社、公式な慈善団体のような組織、または私が勤めているような大学などの機関でなければ、外国人の労働許可証を申請することができません。

 

ほとんどの雇用主は、これまでに外国人を雇ったことがあれば書類を手配してくれると思いますが、初めて外国人従業員を雇う場合などは、申請書作成の経験がないかもしれません。

 

実際、私がタイに来た当初は、外国人が働くためにはワークパーミットを持っていなければならないことを知らない会社が存在するとか、会社が申請を遅らせているとか、従業員に「うちはワークパーミットは必要ないから」と説明されたとかいう話を耳にしました。

そういう会社で働くこと自体がそもそも問題なのですが、雇用主にそういう言い逃れはさせないことです。

 

さて、タイで就労する場合は、タイに入国する前に雇用主が労働許可証を申請することができます。 手続きには数日から1ヵ月以上かかる場合もありますので、前もって手続きを開始することで時間を節約できます。

ただし、労働許可証は本人が労働局に出頭し、パスポートを提示して署名してはじめて正式に発行されます。

 

あなたが最初の外国人従業員である場合、または自分の会社を設立して従業員として働く場合は、労働許可申請をする際に法律の専門家の支援が必要でしょう。

 

ここで注意すべきことは、外国人を雇用する会社は、一定の資本金(普通は外国人1人当たり200万バーツ、タイ人と結婚している人はその半分など)が必要で、外国人の従業員一人ごとに4人のタイ人を雇わなくてはならないということです。また大学などの機関では雇える外国人の講師の数が決められているようです。

 

申請書類の不備を指摘されたり修正を求められることもありますので、時間的に余裕をみる必要がありますが、雇用主が就労許可申請の経験がない場合はたいてい法律事務所を通して申請書を作成・提出することになると思います。

 

もう1つ必要なことは、健康診断書の提出です。最寄りの病院やクリニックに行き、労働省が定めた項目について検査し、診断書を提出する必要があります。

 

 

申請書の準備ができたら、勤務先近くの労働省(กระทรวงแรงงานグラスワンレーングンガーン)の雇用局(กรมการจัดหางานグロムガーンジャトハンガーン)に赴くことになるのですが、私の居住している地域では、申請書を提出してから事務処理に最大で6週間かかったこともあります(お役所仕事ですので)。

 

審査を通ると、手数料支払いのために雇用局事務所に呼び出され、青い小さな冊子(WP4)にサインをして受け取ります。これには本人が出頭する必要があります。

 

ワークパーミットの冊子は自宅か職場に保管しなければならないとされていますが、私はプーケット空港から出国したときに出国検査場で提示を求められたこともありますので、パスポートと一緒に常に携行することをお勧めします。

*2018年5月28日より、勤務中常時携行する必要はなくなりました。

 

ワークパーミットの有効期限は、雇用期間にかかわらず1年間のみでしたが、2008年以降は最長2年間付与されるようになりました

 

 

必要書類一覧

必要な書類は流動的ですので、このリストはあくまで参考ということで、常に労働省管轄下の県雇用事務所に確認してください。

1.有効なビザのあるパスポート

2.パスポートの全ページのコピー(出入国カードTM6を含む。前ページにサインが必要)

3.証明写真3枚

4.健康診断書

5.履歴書(就業する分野の学歴や職歴などを含む。要タイ語訳)

6.学歴証明書および資格取得証明書

7.婚姻証明書(タイ人の配偶者がいる場合)

8.会社に就職する場合、税務書類、付加価値税(VAT)登録、会社の登記簿謄本、監査報告書、会社で働く外国人のリストなど(延々と続くらしいです...)

 

タイの労働許可証とビザの複雑な関係

冒頭で書いたように、タイで働く外国人はビザと労働許可証の2つが必要なのですが、これらは2つの異なる省庁によって発行されるので、一番最初に申請するときは非効率的でイライラすることもあるかと思います。

 

そこで、ビザとワークパーミットを取得する順番をまとめてみたいと思います。

1.ビザ取得:労働許可証を申請するためには、まずビザを取得する必要があります。最初に発行されるノンイミグラントビザは90日間のみ有効のものです。

2.労働許可証の申請と取得:最初のワークパーミットは、あなたのビザが有効である期間までしか発行してくれません。ですのでビザの有効期限が切れる日までに労働許可証を発行する必要があります。

3.ビザの延長:ビザは、有効期限が切れる1ヶ月前から延長申請が可能で、最初に取得した日から1年分、ビザを延長することができます。つまり、最初のビザは90日のみ有効ですので、延長する場合は275日が加算され、合計で365日ということになります。ビザを延長するためには1,900バーツの手数料が必要で、必要書類に有効なワークパーミットも含まれます。

4.労働許可証の延長:ビザ延長が得られたら、雇用事務所に行き、さらに275日ワークパーミットを延長することができます。

 

ここまでが少々手間がかかりますが、2年目からはだいぶ楽になります。

 

まずビザの翌年分の申請をして、1年間の延長が認められれば、もう1年間は労働許可を延長することができます。

2010年以降、労働許可の延長は1年間(3000バーツ)または2年間(6000バーツ、雇用契約が長期であることが前提)の2つのオプションから選べることができるようになりました。

タイで1年以上働くことを予定している人にとっては、労働許可証の延長は2年に1回になるので便利です。しかしビザは毎年更新する必要があります。

 

また、ビザの更新のためには本人がイミグレーションに出頭しなければなりませんがワークパーミットの延長は勤務先のスタッフに代行してもらうことができるので楽です。

 

労働許可証の記載事項

ワークパーミットには固有の番号が付与されていて、所有権は労働省の部局である県雇用事務所にあります。また、この青い冊子はタイでの公的な身分証明書として使用でき、たとえば運転免許を申請するときなどに役立ちます。

 

労働許可証の中身はというと、被雇用者の写真、名前、生年月日、国籍、住所、自分の署名があり、また役職、職務内容、勤務先住所、雇用者名、雇用期間といった、申請書類に記入した内容がそのまま書かれています。延長するたびに、ビザのように新しい有効期限が入ったスタンプが押されます。

 

また、「○○地域での仕事が許可されました」という欄があり、法的に働く場所が許可されている地域が示されています。 この区域外で働きたい場合は、追記を申請しなければなりません。

 

最後のページには、次の4つのルールとそれに対する罰則が記載されています:

1.ワークパーミットは、職員がいつでも立ち入り検査することができるように、勤務時間中に雇用者が所持または就業場所に保管されていなければならない(1,000バーツ以下の罰金)
2.ワークパーミット所持者は、事務官の事前の許可なしに労働許可証に記載されている内容以外の仕事に従事してはならない(1ヶ月以下の懲役または2,000バーツ以下の罰金、もしくは両方)。
3.ワークパーミット所持者が仕事を継続したい場合は、有効期限までに更新する必要がある(3ヶ月以下の懲役または5,000バーツ以下の罰金、もしくは両方)。
4.ワークパーミット所持者が有効期限の満了前に辞職する場合は、退職後7日以内に事務官に返却しなければならない(1,000バーツ以下の罰金)。

 

労働許可証の変更

タイで働いていても、仕事内容が変更になったり転職したりする可能性があるかもしれませんね。

 

役職、職務内容、就労場所、住所など労働許可証の詳細の変更は、雇用局で簡単に行うことができます。

手数料は1,000バーツです.。 → 手数料は必要なくなりました

 

雇用主の変更はこれより少し複雑ですが、それでも比較的簡単です。

 

例えば現在の勤務先と1年間の契約を結んでいて翌年に新しい雇用主と契約を結びたい場合は、まず新しい雇用主に労働許可証を取得するために必要な書類を準備してもらいます。

 

これには、もちろん新しい職場での契約書が含まれます。

その書類を、3,000バーツの手数料とともに県雇用事務所に持参し、新しい雇用主のもとであなたの労働許可を延長するように申請することができます。

 

就労許可証には2つ以上の職務内容を記載することができます。タイの2つの異なる県で2種類の職務内容を記述するといったこともできます。

 

タイの労働許可に関連した罰則

①外国人がワークパーミットなしで働いた場合、または記載されている内容と違う業務に就いた場合→罰金5,000~50,000バーツ

②雇用者がワークパーミットを所持していない外国人を働かせたり、記載されている内容と違う業務をさせた場合→罰金10,000~100,000バーツ(外国人一人当たり)。

③雇用者が②の違反を繰り返し行った場合、1年以下の懲役か、50,000バーツ~200,000バーツの罰金、またはその両方。この雇用者はまた、ブラックリストに載り、裁判での判決から3年間外国人を雇用できない。

 

まとめ

タイの労働許可証は、私たちタイで働く外国人の居住地とステータスを証明する公的書類です。

 

これなしで働くことは法律違反であり、罰金や懲役刑などの深刻な事態を招くことになります。

 

事務的なことだと会社任せにせずに期限を自分で確認し、記載内容以外の仕事をする場合にはかならず届け出をするようにしましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

バンコク郊外の大学講師

念願だった東南アジアでの教職を得て、なんとなくタイに移住した形となり15年。

このおおらかな国で、人を育てるというやりがいと責任ある仕事、そしてとても貴重な経験をさせてもらっています。

タイにお住まいの方やこれから来られる方に、楽しくお役立ち情報を提供できればと考えています。

Twitter でフォロー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーリンク