タイ長期在住者必読!【90日レポート】とは?

タイに移住してきてすぐにわかることの1つは、タイの行政・政府が事務処理をこよなく愛していることではないでしょうか?

その典型的な例が、在住者の間で「90日レポート」として知られている「Notification of staying in the Kingdom over 90 days」です。

出張などで頻繁にタイ国外に出る方は必要ないかもしれませんが、90日以上続けてタイ国内にとどまる方にとっては、慣れるまでは「忘れた頃にやってくる」やっかいな手続きです。

この記事では、これからタイに住む予定の方々に、その90日レポートについて解説していきます。

スポンサーリンク

 タイではお住まいの地域によって必要書類が異なることがよくあり、また、今後情報がアップデートされることも予想できますので、必ずお住いの地域のイミグレーションでご確認ください。

90日レポートっていったいなに?

その名前からわかる通り、タイに90日以上滞在する外国人が居住地を管轄するイミグレーション(入国管理局)に提出しなければならない通知のことです。

タイの現在の法律では、90日以上滞在する人は、最寄りのイミグレーションに居住地を報告する必要があると規定されています。

タイが外国人にとってあまりにも居心地が良すぎるため、タイ政府が意図的に不便を強いられるような負担をかけているのでは?という人もいます(笑)。

タイ政府がこの法律を制定した理由はもちろん、90日レポートで国内に滞在している外国人の所在を監視し、法律に違反する外国人の発見、抑止または処罰するのに役立てるということです。

日本で悪いことをした人が、長年タイで逃亡生活を送っていた、なんていうニュースもときおり聞きますしね。

90日レポートにどこまで犯罪の抑止力があるかは甚だ疑問ですが...

いずれにしても、このレポートはタイに滞在する外国人にとってはしなければならないことの一つで、タイの法律が将来変更されない限り、ここに住むために私たちは受け入れなければなりません。

スポンサーリンク

90日レポートにはどんな決まりがある?

ビジネス・教育・リタイヤメントなど、どのカテゴリーのビザを持っているかどうかは関係なく、タイでの滞在が90日を超える場合は、この通知を提出する必要があります。

例えば、タイに1年間滞在するとなると、イミグレーションに3回(タイ入国からおよそ90、180、270日目に)報告することになります。

ただし、お正月休みなどに日本に一時帰国したり、週末にお隣の国カンボジアへアンコールワット観光に行ったりするなど、タイ国外に出る場合は、このカウントがゼロにリセットされます。

ですので、次に90日レポートを提出するのは、またタイに入国した日から90日後ということになります。

タイの90日レポートは、ビザの更新やリエントリーパーミット(再入国許可)を取得するときとは違い、家族や勤務先スタッフに手続きしてもらってもOKです。

スポンサーリンク

90日レポートを怠ったときのペナルティー

90日以上タイに滞在しているのにイミグレーションに通知するのを怠った場合、罰金を支払わなくてはなりません。

忘れてしまったことを自発的に認めた場合、罰金は2,000バーツです。

同僚もビザ更新の際に発覚し、見事に徴収されていました...

さらに、レポートをわざと怠っていたことが判明した場合は捕まり(タイでは移民局は警察の管轄下)、罰金は4~5,000バーツに急上昇します。

90日レポート用紙の記入方法

こちらが、90日レポートの書式、TM47になります(写真をクリックするとダウンロードされます)。

Microsoft ワードファイルで、PCでタイプできるのできれいに作成でき、イミグレーションの係官が喜んでくれるかもしれません(印刷してから手書きで必要事項を記入してももちろんOKです)。

提出前に署名を忘れないようにしてください。

顔写真は必要ありません。

90日レポートの手続き方法と必要書類は?

手続き方法は以下の5通りあります。

90日レポートの方法

  1. イミグレーションで直接手続きする
  2. 代理人にイミグレーションに行ってもらう
  3. 代行業者に依頼する
  4. 書類をそろえて郵送する
  5. オンラインで行う
  6. アプリを使う

それぞれの方法の詳細と必要書類は次の通りです。

1.最寄りのイミグレーションで手続き

申請に行ったその日に終わるというシンプルな方法なので、タイに住む多くの外国人が直接イミグレーションに行きますが、必ずしもイージーとは限りません。

お住まいの市によっては、入国管理局がかなり混雑することもあります。

例えば、チェンマイ入国管理局は何年もの過密状態にあった後、最近になって新しい建物に引っ越しましたが、新しい施設ではまだ90日レポート、ビザ延長、リエントリー(再入国許可)などのために来る多数の外国人を処理しきれていないようです。 

外国人の少ない県にある入国管理局は、あまり混雑せず時間もかかりませんが、それでも、3ヵ月に1回とは言え、イミグレーションに行くのに時間がかかるのがネックです。

90日レポートに必要な書類
  1. パスポート
  2. 90日レポート申請用紙(TM47)
  3. パスポートの顔写真のページのコピー
  4. パスポートの最新のビザ(Extension of Stay)のスタンプがあるページのコピー
  5. パスポートの最新の入国スタンプが押されているページのコピー
  6. 出国カード(TM6)とそのコピー
  7. 前回の90日レポートの控え(もしある場合)
 ②の申請用紙(TM47)とすべてのコピーの下方にパスポートと同じ署名をするのを忘れないでください!

リピーターの方は、私の居住地区を管轄しているイミグレーションのように、上記①、⑥、⑦だけでOKの場合もありますので、最初はこれらの書類をすべてそろえて持参し、その際に2回目以降も同じ書類が必要かどうか聞いてみるといいでしょう。

イミグレーションによっては、ビザの延長手続きに行ったときに90日レポートもついでに(まだ期限になっていないのにもかかわらず)やってくれるところがあります。

私もまだ1ヶ月以上あったのですが、ビザ更新のついでにやってもらいました。

2.代理人に依頼する

前述の通り、90日レポートは本人がイミグレーションに行かなくても、代理人に依頼することができます。

しかし、パスポート原本を託すので、基本的に家族や職場の人事課のスタッフなど信頼のおける人に依頼することになると思います。

提出書類は自分で行く場合と同じで、特に委任状を作成したりといった必要はないようです。

3.代行業者に依頼する

ビザ代行業者が90日レポートの代理申請を行っており、費用は300バーツくらいから2,000バーツほどのようです。

業者に直接パスポートを渡す、郵送する、自宅に受け取りに来てもらう、などのオプションで費用が変わりますが、わざわざ業者に頼んでやってもらうほどのことかと、個人的には疑問に思います。

なお、タイランド・エリートを持っている方は代行してもらえます。

4.書類を郵送する

書類を書留郵便で送付する方法もあり、この方が便利だという在住者もいますが、管轄のイミグレーションの住所を調べる必要があります。

バンコクのイミグレーションの住所
90 DAYS REGISTRATION,
IMMIGRATION DIVISION 1
Government Complex Building B 120 MOO 3,
CHAENGWATTANA ROAD, SOI 7,
LAKSI, BANGKOK 10210

書類は前述のとおりですが、パスポート原本と出国カード(TM6)のオリジナルは送る必要がありません。

この場合でも、すべてのコピーにサインするのを忘れずに!

また、書類に加えて、10バーツの切手を貼り自分の住所を書いた返信用封筒も同封します(90日レポート受領後、イミグレーションから受領票が送られてきます)。

この方法では、必要書類を少なくとも15日前までに書留で送付する必要があります(消印が期限の15日前)。

5.オンラインでレポートする

タイのイミグレーションのウェブサイト(https://extranet.immigration.go.th/fn90online/online/tm47/TM47Action.do)から行うことができ、次のアプリと並んでいちばん楽な方法だと思います。

このやり方は、以前はシステムがしっかり機能しておらず、ブラウザーもIE(インターネットエクスプローラー)のみ使用可で、10人に一人が成功すると揶揄されていましたが、ウェブサイトが新しくなってからは使えています。

オンラインでの90日レポートの詳細はこちらの記事をご覧ください。

6.アプリでレポートする

タイのイミグレーションが開発した90日レポート用のアプリで、スマホにダウンロードしておけばすぐにできるので楽チンです。

私が試した中で、いちばん早くApprovedが出る(承認される)方法です。

IMM eService

IMM eService

Royal Thai Police無料posted withアプリーチ

最初に使用する前に、メールアドレスを登録する必要があります。

最後に

以上が、タイの90日レポートの説明になります。

先ほども書きましたが、タイに住む外国人は必須の手続きなので、タイに長く滞在する人はタイ生活の一部として受け入れ、忘れずに行うようにしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事