在タイ15年。バンコク近郊在住の現地採用大学講師が、現地での生活全般について発信中。

タグ:ホテル

バンコクからヤンゴンに観光に行くのに今が最も適している5つの理由

みなさん、こんにちは。バンコク郊外の大学講師(@thaifoodfun)です。 突然ですが、仕事で2年ほど前に訪れたヤンゴンにまた無性に行きたくなってきました。 私が住んでいるタイのお隣の国、ミャンマ…

詳細を見る

東南アジアのコロニアル調の高級ホテル11選【意外とコスパ良し】

こんにちは!バンコク郊外に住んでいる大学講師(@thaifoodfun)です。 私にとって東南アジアを旅行する醍醐味のひとつは、ヨーロッパの植民地だった頃の名残りをいまなお色濃く伝えてくれる歴史的な建築物が多く存在し、…

詳細を見る

バンコクのバスタブ付きでしかもリーズナブルなホテル10選

日本でも夏はシャワーで済ませる人が多いのに、常夏のタイでお風呂に入るのに意味があるの? 答えは「イエス」です。 暑いととにかく冷たいものをたくさん食べたり飲んだりしてしまいますし、屋内ではエアコンがガ…

詳細を見る

バンコクのプレミアムヒルトンでビュッフェランチ

月曜日は普通、夕方5時まで時間があって在宅勤務(休息?)なのですが、今日から小鬼(息子)が2泊3日の研修旅行に他県へ出かけていき、早朝に小学校に送った後は時間ができたので、奥さんとしめし合わせてチャオプラヤー川沿いにあるミレニアム・ヒル…

詳細を見る

せっかくタイに来たら、周辺の国々へも足を伸ばしてみよう!

いままでタイに住んできて、仕事や観光で近隣・周辺国も訪れてみて、個人的には東南アジアの国々の中ではタイが一番生活しやすくエキサイティングだと思っていますが、ひとたび国境を越えると雰囲気・風情ががらりと変わってそれも面白いものです。 &…

詳細を見る

プロフィール

バンコク郊外の大学講師

金ピカの仏像、温暖な気候、そして人々が絶やさない素敵な笑顔に囲まれながら、教壇で熱弁をふるい続け、激辛タイ料理に大粒の汗を垂らしながら立ち向かう、在タイ15年のシャイで硬派な40代日本人講師。毛穴が開いて体質がタイ人化しながらもハートは日本人(であり続けたい)。

休みに家族で旅行することと、タイ人連中とローカル店で飲むのが何よりの楽しみ。

パクチー?ドゥリアン?全然OK!

バンコクのホテル

Twitter でフォロー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ