タイで2020年度ショッピング減税が10月23日スタート!

タイ在住者で納税している人たちに朗報です!!

多くの国民の経済状況が悪化しているタイでは、政府がคนละครึ่ง(コン・ラ・クルン、それぞれ半分ずつ)という低所得層ための救済措置を発表しましたが、それに続いて、年末までのショッピング減税政策を打ち出しました。

この記事では、タイで働く日本人にも大いに関係があるその政策プログラムについて説明します。

スポンサーリンク

ショッピング減税とは?

ช้อปดีมีคืน(ショップ・ディー・ミー・クーン、直訳すると「買い物と払い戻し」)は、新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた経済の回復に取り組むタイ政府のキャンペーンです。

国内での消費を刺激し、起業家を支援するとともに、地元の生産を奨励することを目的としています。

2020年10月23日から12月31日までに買い物をすると、その額に応じて所得税の還付が受けられる仕組みになっています。

ただし、上限は30,000バーツです。

カシコーン・リサーチセンターによると、このキャンペーンによって恩恵を得ることができるのは、「年収が50万バーツ以上、または月収が42,000バーツ以上の消費者」ということです。

また、消費者の行動に関する調査によると、このキャンペーンへの参加に関心のある人の70%以上が、年間50万バーツ以上の所得がある人です。

スポンサーリンク

減税の対象になる物とならない物は?

このキャンペーンには対象とならない商品やサービスがありますので、注意が必要です。

対象となるもの

報道等によると、例として書籍、OTOP製品などが挙げられていますが、
  • 日用品
  • 衣料品
  • 電化製品
  • レストランでの食事
など、VAT(付加価値税)の課税事業登録をしていている業者の商品やサービスはすべてOKです。

対象とならないもの

  • アルコール飲料
  • たばこ
  • ガソリン
  • 自動車
  • 自転車
  • 船舶
  • 雑誌
  • 配送などのサービス料
  • 交通費・宿泊費
  • 電子書籍
  • 宝くじ
 屋台、ローカルな床屋やマッサージなど、正規の領収証を発行してくれないお店のサービスは対象外となります。
スポンサーリンク

いくら税金が戻ってくるの?

以下の表のように、所得と買い物をした額とによって割合が変わります。

30,000バーツめいっぱい買い物をした場合に還付される最大額:

年収500万1バーツ以上 10,500バーツ(35%)
年収200万1~500万バーツ 9,000バーツ(30%)
年収100万1~200万バーツ 7,500バーツ(25%)
年収75万1~100万バーツ 6,000バーツ(20%)
年収50万1~75万バーツ 4,500バーツ(15%)
年収30万1~50万バーツ 3,000バーツ(10%)
年収15万1~30万バーツ 1,500バーツ(5%)
年収15万バーツ以下 対象外

ですので、年末まで、3万バーツを限度として、年収100万バーツの人は20%引き、200万バーツの人は25%の割引クーポンが自動的にもらえるという理解でいいと思います。

参加方法と還付金の受け取り方

このキャンペーンに参加するための登録手続きは特にありません。

買い物をするときに、商品やサービスの価格、VATの額が記された領収書(Tax Invoice)を発行してもらい、来年3月末までの確定申告の際に他の控除証明書類と一緒に税務署に提出します。

領収書についての注意事項

手書きのものを除くと、タイには大別して2種類の領収書があります。

Tax Invoice(Full)
上の写真のような、受領者のスタンプやサインが入ったいわゆる正規の領収書で、これには次の内容が含まれています。
  • 「Tax Invoice(ไบกำกับภาษี)」の表示があること
  • 発行者の名前、住所、納税者番号
  • 購入者(顧客)の氏名、住所、電話番号および納税者番号(Tax ID)
  • Tax Invoiceのシリアル番号(該当する場合)
  • 商品またはサービスの説明、価格、および数量
  • 課税対象のVATの金額
  • 発行日
Tax Invoice(ABB)
このタイプの領収書は、コンビニ、スーパー、バー、レストランなどの小売業のレジからのみ発行されるレシートで、税控除の申請に使用することはできません

スーパーでの買い物

スーパーでは、生鮮食品などVATがかからないものがあり、それらはもちろんキャンペーン対象外です。

また、前述の通り、スーパーのレシートでは税控除が受けられないので、会計を済ませた後、レシートをもってサービスカウンターに行き、このような正規のTax Invoiceを受け取ります

この領収書のように、スーパーでは付加価値税がかかるもの(V)とそうでないもの(NT)があり、領収書はそれらを分けて発行してくれるわけではないので、後日付加価値税がかかるものだけを計算する必要があります。

 この際、氏名、住所、電話(携帯)番号と身分証明書の番号を聞かれますが、身分証明書の箇所はパスポート番号ではなく納税者番号(TAX ID)を答えるようにしてください。

2020年度ショッピング減税まとめ

まとめますと、2020年10月23日から12月31日まで、政府主導のショッピング減税が行われており、タイで働いている方は、この期間に消費した額を課税所得から最大で3万バーツが控除されます。

お買い物の際に氏名、住所、電話番号、納税者番号を伝え、要件を満たすTax Invoiceを発行してもらい、来年に行う確定申告の際に提出してください。

予想では、約370万人がこのキャンペーンを利用してショッピングをするとされていて、これによってタイ政府が約140億バーツの税収を失うことになります。

しかしながら、このキャンペーンは国内の経済に1,110億バーツを注入し、今年のGDP(国内総生産)を0.03%押し上げるとも言われるとも言われています。

衣料品の買い足しや、家電製品の買い替えを検討してもいいね。数年前に同じようなキャンペーンがあって、いま使っているiPhone8を買ったんだった。

年末は息子へのクリスマスのプレゼントとか、なにかと物入りだから、少しでも還付を受けれるよう、年末まで計画的に買い物しなきゃね。

ということで、ショップ・ディー・ミー・クーン、ぜひ有効利用しましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事