現地大学講師が発信する、タイ旅行&生活を楽しくするための情報。来てよかった的な。

パッタイ~世界で一番知られているタイ料理

「パッタイ食べたーい」「パッタイを食べるためにまたタイに行きたーい」

こんな声を聞くと、自分はパッタイ屋さんではないのにいつも嬉しくなります。バンコクの屋台やカジュアルな飲食店で気軽に食べられるし、その味を覚えておきたい人たちのためにスーパーでパッタイ調理セットが販売されているし、日本に帰国した際もコンビニで見かけたりしました。

パッタイの歴史

ผัดไทย パッタイはタイ中部でよく食べられていますし、日本を含む海外でもタイ料理レストランのトップ・メニューですね。ผัด(パット)は炒める、ไทยはタイ王国のタイです。

この料理は、ベトナムが起源だという説もあります(パッタイに似た料理にフォー・サオがある)が、アユタヤ王朝時代に中国人の貿易商たちによってもたらされ、その後タイのテイストにアレンジされたという説の方が有力です。

第2次世界大戦の時、当時のプレーク・ピブーンソンクラーム首相が、農作物の収穫量が減ってお米の価格が高騰した問題を解決するために、クイッティアウ(米粉で作った麺)を食べることを奨励しました。

当時はタイでは小麦麺の方が国民に好まれていましたが、国名をサイアム(シャム)からタイに変更することを支持した首相は、ナショナリズムを推し進め、中国からの影響を極力排除しようとしました。

最初はก๋วยเตี๋ยวผัด(クイッティアウ・パット)という料理名でしたが、クイッティアウは中国語で米粉という意味なので「タイ風」を強調するためにก๋วยเตี๋ยวผัดไทย(クイッティアウ・パッタイ)になり、現在では短くパッタイと呼ばれるようになったということです。

パッタイに使用する麺

また、元のレシピは豚肉が入っていましたが、豚肉は中国のものであると政府が認識していたために豚肉を使わなくなりました。

なお、ผัดไทと表記されたお店やメニューもありますが、これは厳密には間違っているそうです。間違っているというか、たんなる省略じゃないですかね。

材料と食べ方

スタンダードな具材はセンレックという細い米麺、卵、海老(メニューによってはイカや白身魚、鶏肉なども)、干し海老、固い豆腐、チャイポーというタイのたくあん、もやし、パクチー、ニラ、マナーオ(ライム)。最近見かけなくなりましたが、昔はよくニラ、マナーオと一緒にバナナの花も添えてあることがありました。調味料はナンプラー、タマリンドの果汁、唐辛子など。

お好みでマナーオを絞り、ニラ、もやし、ピーナッツを混ぜて、またテーブルに置いてある4種類の調味料(砂糖、唐辛子、唐辛子の入ったナンプラー、やはり唐辛子の入ったお酢)で味を整えていただきます。

いろんなお店のパッタイ

 

まずはうちの近所の屋台で買ったもの。ผัดไทยกุ้งสด パッタイ・グンソット(新鮮な海老入りのパッタイ)。35バーツ。

お次は、Foodland フードランドというスーパーに併設されているレストラン、Took Lae Dee トゥーク・レ・ディーで食べたผัดไทซีฟู๊ดシーフード・パッタイ(海老、イカ、白身魚入り)。126バーツ(海老だけだと92バーツ)。

個人的には海老だけで十分。イカや魚はあまり合わない気がしました。

最後は、超有名店ผัดไทยทิพย์สมัยパッタイ・ティップサマイのパッタイ。90バーツ。

おススメの食べ方

まず一口なにも入れないで、それからマナーオを絞って何口か、その後テーブル上の調味料をバランスよく2~3口ごとにかけていくというのが、僕のおススメの食べ方です。

他にも有名でなくてもおいしい屋台や食堂があるので、ホテルのスタッフやタイ人のお友達などに聞いてみて、おいしいお店を発見してくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

バンコク郊外の大学講師

念願だった東南アジアでの教職を得て、なんとなくタイに移住した形となり15年。

このおおらかな国で、人を育てるというやりがいと責任ある仕事、そしてとても貴重な経験をさせてもらっています。

タイにお住まいの方やこれから来られる方に、楽しくお役立ち情報を提供できればと考えています。

Twitter でフォロー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーリンク