現地大学講師が発信する、タイ旅行&生活を楽しくするための情報。来てよかった的な。

タイのファミマで売ってるおでんってどうよ?

今日は仕事に没頭して昼食を食べ損ねてしまい、気が付いたら午後2時半。普段タイではあまりコンビニのお世話になっていないし、空腹というレベルを通り越してあまり食欲も感じなくなっていたのですが、さすがに夕飯まで何も食べないわけに行かず、愛息を伴ってなんとなく近所のファミマへ。

コンビニの熾烈な争い

タイのコンビニは、タイの最大財閥CPグループ傘下で最大手のセブンイレブンを筆頭に、セントラル・グループと提携したファミマ、地元財閥とタッグを組んで後から参入してきたローソンと、三つ巴の戦いを繰り広げている模様です。消費者にとっては、特に都市部では渋滞で時間のロスが多いので、自宅近くで買い物を済ませることができる便利なサービスが増えるのはありがたい。

おでん~いつも気になっていた存在

ファミマがおでんを扱うようになったのは確か2008年頃じゃなかったかな。一年中暑いタイでおでんなんておいしいの?と思われる方も多いかもしれませんが、冷房がガンガン効いた部屋の中にいると温かいものが食べたり飲んだりしたくなるのは日本人だけでなくタイ人も同じらしいです(笑)。たまに買い物をするときに、日本のと同じ四角い鍋に入ったโอเด้งおでんの存在が気になってはいたんですが、いまいち買う気になれず素通りしていました。

気になるお味は?

買うのを躊躇していた理由は、スープに赤いものが浮いているから。先客の女子学生2人の後ろに並ぶと、ほんのわずかながら独特なスパイスの香りが...

今回は4つの具をチョイス。

ฟุคุ สติ้ก(「福」スティック)

1つ目は縁起よく「福」の文字が入ったかまぼこ。日本のかまぼこよりももっちりした食感で食べ出がある。息子と仲良く1枚ずつ。一本18バーツ。

ชิกุวะ(ちくわ)

やはり日本のちくわよりももちっとしていて弾力がある。かまぼこと味が大差なかった。この辺で息子が辛さに顔を歪め、そして、たまらなくなって水を買いに行った…15バーツ。

อิกะตะ(イカタ...)

イカの形をした天ぷら。「イカ姿」の略みたいです。細かいイカの身が入っていておいしい。息子のお気に入りに。15バーツ。

ปอปี๊ยะปลาทะเลทรงเครื่อง(ポーピヤ・プラータレー・サンクルアン:味付け魚の春巻き)

最後は、春巻きという名前ですが魚のすり身を揚げたものでしょう。噛むと中に湯葉が練りこんであるのを発見!今回のイチオシ!18バーツ。

ไข่ต้ม(カイトム:ゆで卵)

本当は卵もとても食べたかったのですが、ちょうど先客に取られてなくなってしまい、店員さんが補充してすぐだったのでやめました。

まとめ

ルークチン(肉や魚のすり身、練り物)の消費量が多い国だけあって、具の味は悪くなく、しかも結構腹持ちがいいです(つなぎを使っているからかも)。7時の夕飯までこれでOKでした。 で、このスープが問題(失礼!)なんですが、どす黒く濁って赤いものが浮いていてライムとレモングラスの風味が…そう、これはトムヤム。しかも、もう何年も前に食べた、インスタント麺のトムヤムスープのような味でした。まあ、トムヤムはタイのスピリットだし、トムヤムラーメンがあるくらいだから、味付けがタイ人向けなのは仕方ないかな。おでんの看板にあった「つゆだく」、絶対に無理です。息子がスープをカップにたくさん入れなくて良かった ε-(´∀`*)ホッ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

バンコク郊外の大学講師

念願だった東南アジアでの教職を得て、なんとなくタイに移住した形となり15年。

このおおらかな国で、人を育てるというやりがいと責任ある仕事、そしてとても貴重な経験をさせてもらっています。

タイにお住まいの方やこれから来られる方に、楽しくお役立ち情報を提供できればと考えています。

Twitter でフォロー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーリンク