クラビ―でぜひ訪れてほしい【ナイトマーケット】3選

タイ南部のリゾート地クラビは、こじんまりとして、静かに休暇をエンジョイできる格好のリゾート。

バンコクやパタヤ、プーケットのような派手なナイトライフは期待できませんが、田舎の町ならではの過ごし方として、ナイトマーケットを訪れてみてはいかがでしょう?

観光化の波がじわじわと押し寄せているクラビですが人がすれてなく、ナイトマーケットでは観光客と地元の人が一緒になって静かに盛り上がる感があります。

家族で一緒に地元の人たちが作ってくれる料理の食べ歩きをするのも良いですし、友人たちとオープンスペースで飲んだり、お土産品を物色したりするのもいいでしょう。

この記事では、クラビのナイトマーケットについてご案内します。

スポンサーリンク

Ao Nang Night Market
アオナン・ナイトマーケット

アオナンビーチから1㎞ほど、アオナンビーチとノッパラッタラビーチのちょうど境目にあるバン・アオナン・ソイ8(Ban Ao Nang Soi 8)という細い通りの奥にあり、地元の人も観光客も両方訪れるごく小規模なナイトマーケット。

広場を利用して30ほどの屋台が出店しています。

飲食店はタイ料理、シーフードバーベキュー(皿に魚介類が盛ってあり、一皿いくらとはっきり値段が表示されています)、アイスクリーム、フルーツやスムージーなどがあります。

クレープ、スムージーなどは50~60バーツ、パッタイやカーオパット(焼き飯)などのタイ料理は一皿60バーツから。

即席のバーもあり酒類もオーダー可能で、空いている座席で食べたり飲んだりすることも、ホテルに持ち帰ることもできます。

ステージもあり、ライブミュージックショーも行われることがあるらしいのですが、私が行ったときは音楽はありませんでした。

衣料品やお土産類も販売されていましたが、ビーチ沿いに連なる店舗と売られている商品と大きな違いはありません。

アオナンビーチからトゥクトゥクやソンテウに乗ってわざわざ行く価値があるかはわかりませんが、この通りにあるホテルに宿泊することがあれば、一度立ち寄ってみてください。
Ao Nang Night Market(หลาดนด อาวนาง)
営業時間:毎日17~23時
住所:Soy 8, Ban Ao Nang, Mueang Krabi District, Krabi 81000
入場料:なし
行き方:アオナンビーチから徒歩約15分、またはトゥクトゥク(一人60片道バーツ)で3~4分
滞在時間の目安:10~30分

Ao Nang Landmark
アオナン・ランドマーク

「アオナン」という名前がついていますが、ノッパラッタラビーチにあり、地元の人はノッパラッタラ・ナイトマーケット(Nopparat Thara Night Market)とも。

2018年10月にできた、クラビのチャトゥチャックともいうべきアオナンエリアの新スポットで、とても多くの土産物屋や飲食店屋台が並んでいます。

ビーチから見て右側が土産物屋や雑貨店で、ハンドメイドアクセサリー、バッグ、衣類、化粧品などを販売しています。

料理屋台はタイ料理がほとんどで、特に目新しい食べ物などはなかったものの、メニューは豊富で味も良く値段も高くないと評判です。

私は一人でいる時間が好きなのですが、たまに人恋しくなって賑やかな雰囲気の場所に行きたいな、というときは、このビーチ沿いのビアガーデンで音楽を聴きながらまったりできて最高です。

正式オープンは2019年12月らしく、マーケットの奥のテナントスペースは大部分が工事中でしたが、スーパー、コーヒーショップ、ファーストフード店、ムエタイジムなどが入居予定で、これからが楽しみです。

Ao Nang Landmark(อ่าวนาง แลนด์มาร์ค)
営業時間:毎日17~23時
住所:Moo 3, 79/45 Tambon Ao Nang, Mueang Krabi District, Krabi 81000
行き方:アオナンビーチから徒歩約20分、またはトゥクトゥク(一人60片道バーツ)で4~5分
滞在時間の目安:20~60分

Krabi Town Night Market / Walking Street
クラビタウン・ナイトマーケット / ウォーキングストリート

クラビタウンにある、毎週金・土・日の3日間だけ開催され、地元の人と観光客の両方でごった返すマーケット。

「クラビタウン・ナイトマーケット」と「ウォーキングストリート」という2つの呼び方があり、オフィシャルに統一されていないようですが、同じものです。

個人的な感想ですが、最初の2つのマーケットとはちょっと雰囲気が異なり、販売しているお土産物のセンスが少し良いような気がしました。

屋台で売っているものを買って広場の真ん中のテーブル席で食べることができ、シーフードをつまみにビールで一杯やるのが最高です。

ステージではライブ音楽を演奏していますが、タイ語で歌詞がわからなくても一曲終わると欧米人がタイ人と一緒に盛大な拍手を送り、妙な一体感を演出。

有名な曲が流れると、料理を売っている屋台のおばちゃんたちも音楽に合わせて歌いながら踊り、賑やかながら健全でとてもいい雰囲気です。

Krabi Town Night Market / Walking Street(ตลาดกลางคืน
営業時間:毎日16~22時
住所:Soi Mahaj 8, Mueang Krabi District, Krabi 81000(Vogueショッピングセンター裏)
行き方:クラビタウンに宿泊の場合は徒歩で。アオナンからは一人往復200バーツの乗り合いタクシーあり(ツアーデスクで予約可)
滞在時間の目安:30分~2時間

クラビーでぜひ訪れてほしい【ナイトマーケット】3選まとめ

クラビのナイトマーケットを訪れることは、オーセンティックな素のままのタイを最も身近に感じることのできる体験の1つです。

特にクラビではムスリムの方が多いせいか、他の地域とは違う雰囲気をエンジョイできます。

ショッピングをしたり、お土産を探したり、地元の料理を味わったり、地元の人と交流したりするのに最適。

買い物に興味のない人でも、色とりどりのおいしそうなタイ料理を目で見て、調理するときの音を聞き、そしてそこから漂う食べ物のいい匂いをかげば、少なくとも数十分はそこにい続けてしまうこと間違いなし!。

飲食はそれぞれの場所でしてもいいし、持ち帰りたい場合は箱に入れてプラスチックのフォークやスプーンをつけてくれます。

クラビに行かれる方は、ぜひ旅の予定に組み込んでみてください。

 
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事