タイ在住者のための【アプリで行う90日レポート】詳細解説

忘れた頃にやってきて何かと煩わしく、毛嫌いしている方もいらっしゃる90日レポート。

私は、幸いなことにオンラインで特に問題なく、滞りなく済ませていましたが、最近、タイのイミグレーションがリリースしたアプリのことを知りました。

そして、そのアプリ「IMM eService」を使ってすると、PCでイミグレーションのウェブサイトでするよりもさらに楽です。

この記事では、タイに来られてまだ間もない方や、90日レポートの簡単な方法を探していらっしゃる方のために、そのアプリの使い方について説明します。

スポンサーリンク

 過去に最低でも1度、居住地域を管轄する入国管理局で90日レポートを行った実績がないと、このアプリでレポートをすることはできません。
 アプリで90日レポートができる期間は、イミグレーションのウェブサイトでするのと同じで、期限日の2週間前~1週間前まで(もし期限日が火曜日の場合、2週間前の火曜日から1週間前の火曜日まで)ですのでご注意ください。

タイのイミグレーションのアプリ【IMM eService】とは?

2019年5月31日にリリースされた、タイ入国管理局の在留外国人用アプリです。

このアプリでできること

  • 90日レポートの提出
  • タイ各地の入国管理局の所在地・連絡先を調べる
  • 入国管理局がリリースする最新のニュース記事を読む

私と家族にとっては、いまのところ最短・最速で「Approved」が出る(承認される)とても便利なアプリです。

ただし、アプリのレビュー欄には、

これは便利!

という意見と、

こんな使えないアプリをリリースするな!

と賛否が両極端に分かれており、うまく機能するか、使い勝手が良いか悪いかは運(!?)次第のようですので、それを踏まえて、「もし使えたらラッキー」くらいの気持ちでダウンロードしてみてください。

なお、この記事を執筆時点での最新アップデート日は2020年3月23日、アプリのデータ容量は70Mbです。

スポンサーリンク

準備編・【IMM eService】に登録する

まずアプリをスマホにダウンロードして、メールアドレスを登録します。

1.アプリのダウンロード

まず、iPhoneならApp Storeから、AndroidならGoogle Playよりダウンロードします。

IMM eService

IMM eService

Royal Thai Police無料posted withアプリーチ

2.アプリに登録

ダウンロードされたアプリを開き、最初の画面にある「Register(登録)」をタップしてください。

使用言語は英語かタイ語で、日本語はありません。

氏名、性別、生年月日、国籍、メールアドレス、任意のパスワードを入力し、「Register」をタップ。

ここで入力したメールアドレスと設定したパスワードは、これから毎回90日レポートをアプリでする際に必要になります。

 

そうすると、すぐにイミグレーションから以下のようなメールが届きますので、リンクをクリックして登録の確認をしてください。

これで、このアプリを使って90日レポートをする準備ができました。

スポンサーリンク

実践編・【IMM eService】で90日レポートをする

では、アプリで90日レポートをしてみましょう!

1.アプリにログイン

アプリを開き、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「Log in」をタップすると、あなたのパスポート番号、現在のビザの有効期限、オーバーステイの状況が表示されますので、確認してから「Close」をタップしてください。

その後、「NOTIFICATION Staying Over 90 days」→「Notification of Staying in the Kingdom over 90 days (TM.47)」と進みます。

「CONTACT US」をタップすると各県の入国管理局の住所と電話番号が、「NEWS」はまだ機能していないようで、何も表示されません。

2.利用規約と条件を承諾

ここからはスクリーン6枚分のTerms and Conditions(利用規約と条件)になります。

  • 90日レポートについて(必要性と罰金)
  • アプリで90日レポートをするにあたっての注意事項
  • アプリでの申請がうまくいかなかった場合

などが記されていますが、内容はオンラインでの申請と同じなので省略します。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

規約の最後のページに「I have read and fully understand the above terms and conditios and agree to accept them(規約と条件を最後まで読んで理解し承諾します)」とあるので、赤丸にチェックを入れ「Accept」をタップします。

3.ビザ情報と住所の入力

90日レポートは、90日毎にタイ国内の居住地を入国管理局に報告するものです。

ここからビザ情報と住所を入力していきます。

  1. 現在交付を受けているビザの種類(ツーリストまたはノンイミグラントビザ)を選択
  2. ①のビザの取得年月日
  3. ①のビザの期限
  4. B.O.Iなどでワンストップサービスの優遇措置を受けていらっしゃる方はここにチェックを入れます
  5. 以前、オンラインまたはアプリで90日レポートを提出し、住所を変更していない方は、こちらをタップすると前回レポートした時と同じ住所が自動入力されます
  6. 居住している建物のタイプを選択
  7. 建物(コンドミニアム)の名前、そして住所を番地から順に入力していきます
  8. ここでは本来、マップが表示され、GPSを利用して現在地を特定するようですが、現在機能していません。緯度・経度、携帯と自宅の電話番号も必須事項ではないので省略していいでしょう。
  9. 最後のメールは、アプリに登録したものと同じアドレスがすでに表示されており、変更はできないようです。

すべてを入力し終えたら「Next」をタップしましょう。

携帯番号を入力すると、SMSでビザの期限を知らせてくれるようです(たぶん)。
ですが、次の90日レポートの催促はしてくれません...

4.入力した内容を確認する

最後に、これまで入力してきた情報と注意事項が表示されますので、なにか間違いがあれば「Previous」をタップして戻り、正しければ「Submit」をタップします。

こちらの注意事項も、オンラインで行う場合と同じ内容ですので省略します。

5.90日レポートの控えと次のアポイントメント

90日レポートの提出を終えると、以下のような画面になります。

「DOWNLOAD」をタップすると、今回のレポートの詳細のPDFがアプリ内に保存され、以下のように表示されます。

これには次のレポート日の記載はありません。

画面左上の、左向きの矢印をタップすると戻ります。

「ADD TO CALENDAR」をタップすると、Google Calendar を利用している方は次のレポート日が登録されます。

 カレンダーに登録されるのは、次の90日レポートの期限日ですので、またアプリを使う場合はその日の2週間前から1週間前までに再びレポートを行う必要があります。

エラーメッセージ

アプリ操作中に、以上のメッセージが表示されることがあります。

左の写真のようなメッセージが出た場合、アプリでレポートできる期間前か、期限をすでに過ぎているということですので、後者の場合は最寄りのイミグレーションで行うほかありません。

「Within 15 Days(15日以内)」とありますが、15日前にはまだできません。

また、入力途中でしばらく放置すると、入力を再開しようとしたときに右の写真のようなメッセージが表示されます。

この場合は、また最初から入力し直すしかありません。

料理中はアプリで90日レポートしない方がいいですね(笑)。

ステータスを確認する

私は、このアプリで90日レポートをするとすぐに承認されるのですが、人によっては承認されるまでに数日かかることがあります。

レポートの進捗状況を確認するには、アプリにログインした後、「NOTIFICATION Staying Over 90 days (T...」→「Check the Status of Your Application」と進みます。

そのあと、

  1. リフェレンス番号
  2. パスポート番号/生年月日/国籍の3つ

のどちらかを入力して、「Search」をタップします。

すると、過去にイミグレーションのウェブサイトまたはアプリで90日レポートをした記録が一覧表示されます。

この一覧ではなぜか日付がバラバラなので、いちばん最近行ったレポートの状況を確認してください。

まだ承認されていない場合は「In Progress」、承認されている場合は「Approve」が付いています。

右上の矢印アイコンをタップすると、前述のPDFファイルが、「Download The Next Appointment」をタップすると次のいちばん右の写真「RECEIPT OF NOTIFICATION」が表示されます(規則では、これを印刷してパスポートと一緒に携帯することになっています)。

 イミグレーションに出向いて行ったときの記録は、ここには表示されません。
 アプリの規約に「承認まで最大で7日間(土日・祝を除く)かかるとありますので、それ以上経っても承認されない場合は、面倒でもイミグレーションに問い合わせた方がいいでしょう。

その他の情報とまとめ

90日レポートの入力途中でアプリを閉じると、いままで入力したものがすべて消えて、一からやり直しになりますので気を付けて下さい。

私がいつもアプリでこのレポートをすると、まるでイミグレーションの職員が画面の向こうで待ち構えているようで、早押しクイズのように秒速で承認してくれます。

レポート期限の「2週間前から1週間前まで」に忘れずに済ませればとても便利です。

このアプリの解説については以上になります。

読者のみなさんも、90日レポートをサクッと済ませられるよう願っています。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事