現地大学講師が発信する、タイ旅行&生活を楽しくするための情報。来てよかった的な。

ルークチンプラー~近所の魚のすり身専門店

僕が初めてタイに来た時、ลูกชิ้นルークチンという魚、豚肉、牛肉のすり身にはあまり興味を覚えなかったんですよね。その理由は、ルークチンはすりつぶした肉身を小麦粉と塩と混ぜ合わせた単純なもので、工場で大量生産されたものだと聞いていたから。

 

でも、ルークチンを食べる機会が増えるに連れて、その良さがわかってきたというか、特に100%の肉身を使った良質の魚や肉のすり身の真価が認識できるようになりました。

 

ลูกชิ้นปลานายเงี๊ยบ(ルークチンプラー・ナーインギヤップ)

このお店は1972年創業と伝統のある大衆食堂で、ソムチャアート・サーリーパタナー(ニックネーム:ンギヤップ)さんが始めました。

 

ンギヤップさんはチャオボースア市場というところで家族が経営する食料品店を手伝っていたんですが、そのあたりはバンコクで魚のすり身がよく作られていました。

 

彼はそれが大好きで夜な夜な食べに行き、どこのお店のが美味しいかすべて把握していたそうです。まあ子供は覚えるの早いですしね。特においしいものともなると。

 

それから自分でも作り始めましたが、ラッキーなことにおいしく作るコツを教えてくれる人にも恵まれました。1972年に自分のお店を開き、ルークチンの質がよくおいしいことから人気を博し、1976年にお店を拡張し、1984年にはいま僕が住んでいる近所にも支店をオープンさせました。

僕が行ったのは午後1時過ぎ。ちょうど昼時でお店はごった返していましたが、店主がしっかりと従業員に指示を出しており、店員さんたちもきびきびと仕事をこなしていました。

 

メニュー

ここのお店のメニューは数種類の魚のすり身と麺類があり、おもしろいことに麺は通常のバミー(小麦粉麺)、クイッティアウ(米粉麺)、ウンセン(春雨)の他に、ก๋วยเตี๋ยวเส้นปลา(クイッティアウ・センプラー)という魚のすり身を細く麺状にしたものがあり、僕はもちろんこれを頼みました。

 

スープはน้ำใส(ナムサイ)という普通のスープにしましたが、トムヤムにすることもできます。

 

サイドメニューにはルークチン各種(茹でたものや揚げたもの、魚のすり身ワンタンなど)、魚の皮を揚げたスナックやデザートなど。

 

เส้นหมี่ปลา(センミープラー)

魚の麺を注文。お魚の形の器に入って出てきて、気分はほっこり。 麺は幅があり、こんにゃくや硬い豆腐に似た質感を持っていて、なかなか面白い食感。

 

スープは透明で塩辛くなく、余計な風味がなくとても新鮮で、ねぎ、もやし、そして揚げたニンニクの味がうまい具合にブレンドされていました。

 

盛りつけてあったそれぞれのルークチンもとてもおいしいものでした。やはり手作りは違います!

 

よく見かける丸い小さなボール型の魚のすり身の他、棒状の魚のすり身をあげてスライスしたものとラグビーボール型のものも。タイのすり身は身が詰まっていて弾力があり、プリっとした食感がいいです。70バーツ。

 

หนังปลาทอด(ナンプラートート)

ปลาอินทรีย์(プラーインシー:鰆サワラ)の皮を揚げたもので、พริกเผา(プリックパオ)という唐辛子味噌をつけて食べます。チップスのようなパリっとした食感と、魚の香ばしい香り。今週は禁酒なのですが、思わずビールが欲しくなります。50バーツ。

 

ไอศกรีมกะทิสด (アイスクリーム・ガティソット)

フレッシュココナッツのアイスクリーム。暑かったせいか、運ばれてきた時にはすでにすこし溶けていました…

ลูกชิด(ルークチット)という、半透明のプルプルとしたサトウヤシの実と、あと黄色いのは缶詰の桃かと思ったら、サツマイモでした。30バーツ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

タイのルークチンは、安く大量に生産されているものだとおいしくありませんが、風味を損なうことなく丁寧に手作りされたものならおいしくいただくことができます。もしつみれがお好きでしたら、バンコク滞在中ぜひ立ち寄ってみてください。

店舗情報

バンクンノン店

  • 営業時間:9時~18時
  • 住所:61/46 Thanon Bang Khun Non, Khwaeng Bang Khun Non, Khet Bangkok Noi, Bangkok 10700
  • 電話:0-2433-2092, 0-2424-8767

 

プッタモントン・サイ4店

  • 営業時間:6時30分~20時
  • 住所:125/21 Phutthamonthon Sai 4 Moo6, Salaya, Phuthhamonthon Nakhonpathom 73170
  • 電話:0-2441-0655, 0-2888-9010
  • ウェブサイト:http://www.naingieb.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

バンコク郊外の大学講師

念願だった東南アジアでの教職を得て、なんとなくタイに移住した形となり15年。

このおおらかな国で、人を育てるというやりがいと責任ある仕事、そしてとても貴重な経験をさせてもらっています。

タイにお住まいの方やこれから来られる方に、楽しくお役立ち情報を提供できればと考えています。

Twitter でフォロー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーリンク