クラビ空港の情報と、クラビタウン・アオナンビーチ・クローンムアンまでの行き方まとめ

南部タイの秘境、クラビ。

私がとても気に入っている町ですが、地方都市と言えども初めて行くときは勝手がわからずまごつくことがありますね。

クラビはタイ南部の地方都市で、空港は小さく、町(クラビタウン)やビーチまで行く方法もそこまで多くの選択肢があるわけではないので、移動についてはあまり心配することはありません。

ですが、タイならではの事情もありますので、出発前に空港、町、ビーチの位置関係と交通事情を少し頭に入れておきたいところです。

  • クラビ空港から町やビーチまではどんな行き方があって、何分くらい?
  • それぞれいくらくらいかかるの?
  • 結局一番お得なの移動方法は?
  • クラビ空港ってどんな感じ?

この記事では、クラビ空港についての情報と、空港からクラビタウンおよびメインとなるアオナンビーチまでの行き方についてまとめましたので、クラビを初めて訪れる方にはぜひ一度目を通していただきたいと思います。

スポンサーリンク

クラビ空港からの交通機関

クラビの主要ポイントは 空港、クラビタウンとアオナンビーチ になります。

クラビ空港は、主要幹線道路である国道4号線沿いにあり、クラビタウン中心部まで約13㎞、アオナンビーチまで26㎞のところに位置していており、各箇所に簡単に移動できます。

クラビ空港からの移動手段は

  1. シャトルバス(Shuttle Bus)
  2. プライベートカー(Private Car)とミニバス(Mini Van)
  3. メータータクシー
  4. Grab
  5. 宿泊先ホテルまたは旅行会社の専用送迎サービス
  6. レンタカー

となります。

また、7番目の方法として、裏技的ではありますが、空港の外に出て国道でソンテウ(乗り合いトラック)を拾うという方法もあります。

では、それぞれの移動手段について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1. シャトルバス(Shuttle Bus)

クラビには唯一の空港バス(白地に青い文字)が通っており、 クラビ空港からクラビタウンを通り、アオナンビーチとノパラートタラビーチを経由してクローン・ムアンまで 運行しています。

クローン・ムアンには、シェラトンやドゥーシッタニホテルがあります。

こちらが大まかなバスのルートになります。

国内線、国際線とも預け荷物をターンテーブルで拾って到着ロビーに出ると、このようなシャトルバス、プライベートカーとミニバンの受付カウンターがありますので、そこでチケットを購入します。

空港から各地の料金とおおまかな時間の目安は次の通りです。

  • クラビタウン(Krabi Town)90バーツ/20~25分
  • アオナンビーチ(Ao Nang Beach)150バーツ/60~75分
  • クローン・ムアン(Klong Muang)200バーツ/75~90分

バスの運行時間は朝8時から夜の8時くらいまでで 時刻表はなく、飛行機が到着するのに合わせて出発 します。だいたい45~60分間隔、またはバスが満席になり次第出発となります。

このカウンター近くに行くと、いや、到着ホールに出るやいなや呼び込みのスタッフに「どこに行くの?」「もうすぐバスが出発しますよ。」などとと急かされます。

 

乗り方は簡単、チケットを購入して近くの出口を出るとすぐバス乗り場がありますので、停まっているバスに乗り込みます。

バスの車内はこんな感じ。

トランクルームはなく、スーツケースはバスの車内に持ち込み、運転席の後ろに山積みされます。

乗務員が手伝ってくれますが、引換証の類はありません。

バスに乗り込むとどこまで行くのか聞かれますので、ホテルの名前を告げると控えてくれ、自分のホテルが近づくと運転手がアナウンスしてくれます。

ですが、自分でもグーグルマップ等で位置確認をしておき、自分が宿泊するホテルが近づいたらすぐ降りれるようにした方がいいでしょう。

基本的にバス停にしか停車しませんので、ホテルがバス停から遠い場合は歩かないといけません。

クラビ空港シャトルバスのメリット

    • 2人までの旅行ではいちばん安く移動できます

 

クラビ空港シャトルバスのデメリット

    • 時刻が一定でなく、到着するフライトが少ない時間帯にはバスの席が埋まるまで待たないといけないことがあります(最長で30分という話です)
    • 料金は大人子供同一(膝に抱っこする場合は取られない)です
    • 車両が結構古く、エアコンもあまり効いていません
    • アオナンビーチまで行くのに、クラビタウンを経由するので時間がかかります
    • バス停がホテルから遠い場合は、荷物を持って歩く必要があります。
スポンサーリンク

2. プライベートカー(Private Car)とミニバン(Mini Van)

後述するメータータクシーと区別するため Private Car と表示のあるプライベートカーとミニバンは、シャトルバスと隣合わせのカウンターで申し込みます。

乗り場もシャトルバスのすぐ隣です。

空港から各地の料金とおおまかな時間の目安は次の通りです。

プライベートカー(Private Car:車一台あたりの料金/4人まで乗車可)

  • クラビタウン(350バーツ/15~20分)
  • アオナンビーチ(600バーツ/30~45分)
  • クローン・ムアン(700バーツ/40~60分)
 プライベートカーにはセダンとSUVタイプがありますが、料金は同じです。

ミニバン(Mini Van:車一台あたりの料金/10人まで乗車可)

  • クラビタウン(600バーツ/15~20分)
  • アオナンビーチ(1,050バーツ/30~45分)
  • クローン・ムアン(1,100バーツ/40~60分)

プライベートカー/ミニバスのメリット

    • 4人以上の旅行ではシャトルバスよりお得何時に着いても、他の乗客を待つことなくすぐに目的地に出発できる
    • シャトルバスより早い
    • 直接ホテルの玄関に着くことができる

 

プライベートカー/ミニバンのデメリット

    • 3人以下で利用すると割高になる

3. メータータクシー

クラビ空港から、黄色と紺色のツートンカラーのメータータクシーが利用できます。

第1、第2ターミナルとも、空港ビルを出て右手に行くと、空港の駐車場入り口のゲートバー近くに「TAXI METER」の看板があり、そこから乗ります。

すでにタクシー待ちの人がいる場合には順番を待たなければなりません。

 クラビ空港からのメータータクシーの料金体系が変更

2019年4月現在、クラビ空港からのメータータクシーですが、メーターを使うのはクラビタウンまでで、アオナンエリアまでは一律500バーツとなっています。

メータータクシーのメリットとデメリット

メータータクシーを使うメリット

    • クラビタウンまでならメーターを利用した正確な料金で行ける
    • 3人+荷物なら、アオナンビーチまでシャトルバスとほぼ同料金なので、こちらの方が快適
    • もし空きがあればすぐに出発でき、他人を待つ必要がない
    • シャトルバスより早い
    • 直接ホテルの玄関まで行ってくれる

 

メータータクシーを使うデメリット

    • 中途半端な人数(4人、5人)だと分乗しないといけない
    • 利用者が多いときはタクシー待ちの列に並ばないといけない
    • 出発時に運転手がメーターを作動させたか確認する必要がある

4. Grab

Grabは言わずと知れた配車サービスですが、クラビでも利用できます。

2019年4月にGrabアプリを利用し、アオナンビーチにあるホテルに問題なく着きました。

通常料金は570バーツでしたが、3回まで使える「KRABI」というプロモーションコードを入力して100バーツ引きになり、470バーツ

メータータクシーより若干安いということで、Grabを使ってみました。

車種はトヨタカムリで、所要時間はちょうど30分でした。

Grabアプリで運転手を探すと、わずか5秒で背後から声を掛けられ、すぐに行先を口頭で確認し、目の前に停めてある車に荷物を運んでくれました。笑

5. 旅行会社またはホテルの送迎サービス

英語にはなりますが、事前にこちらのような送迎を扱っている地元の旅行代理店にオンライン予約しておくこともできます。

オンラインでできるクラビ空港からの送迎予約サービス

料金は、空港からアオナンビーチまで片道500~600バーツで、往復で予約すると3~5%割引になるようです。

空港のプライベートカーと同じか少し安くなっていますし、空港に着いたらすぐ乗れるので楽です(通常、到着ロビーで名前を印刷した紙を掲げて待っています)。

チャイルドシートが用意してあったり、車内にWi-Fiを完備してあったりする車もありますので、リクエストしてみましょう。

この記事を書いている時点で、バンコクからクラビへの一番遅いフライトはエアアジアの便ドンムアン空港発:22時10分/クラビ着:23時40分)です。

これに搭乗すると仮定して、クラビ空港の到着時刻を入れてみましたが、日中でも深夜でも料金は変わらないようですので、遅い時間に着く人には便利と思います。

また、ネットで宿泊するホテルを予約したり、航空券+ホテルのパッケージを選んだ場合には、オプションで空港の送迎をつけることもできます。

詳細は宿泊するホテルに問い合わせていただきたいのですが、通常4つ☆ホテルクラスからでないと送迎サービスは提供しておらず、料金も片道800バーツほどからになります。

5つ☆ホテルの送迎サービスともなると3,000~4,000バーツもします。

しかし、高級ホテルの送迎でしたら、安全性という面ではこの記事にある移動手段の中では一番でしょう。

6. レンタカー

クラビ空港の第1ターミナルに、Budget、Sixt、ThaiRent、Hertz、National、Avis の各社のカウンターがあります。

クラビには、マリンアクティビティーだけでなく、エメラルドプールやタイガーケーブなど郊外にも見どころが点在しており、ツアーで他の観光客に交じって限られた時間内で名所を回るよりも自由に行動したいという人にとってレンタカーは便利です。

航空券を購入するときに一緒に予約するなど、ネットで事前に申し込む方が安い料金で借りられますが、タイの免許証か国際免許証が必要です。

7. ソンテウ(乗り合いトラック)

ソンテウはおもに現地に住んでいる人たちの足として活躍している乗り物ですが、旅行者でももちろん利用できます。

クラビタウンまでの時間は約30分で、運賃は一人20~30バーツです。

ただし、

  • 空港からクラビタウンまでしか行かないので、アオナンに行くには一度クラビタウンまで行き、アオナン行きの別のソンテウに乗り換える
  • クラビタウンから空港に来るソンテウしかターミナルビルに入れないので、空港からクラビタウンまで行くには徒歩で空港の敷地を出て、空港に面している国道でソンテウが来るのを待つ

必要があります。

空港内を第一ターミナルまで移動し(徒歩2~3分)、地上階を出ると駐車場があるので右手に進み、しばらく歩くと空港の入り口(空港内に入ってくる車両をチェックするセキュリティポイント)があるのでそこを出ます。

空港に面している国道を注意して渡り(進行方向は空港を背にして右)、青色のソンテウが来たら手を挙げて車を止め、運転手に行先と運賃を確認して後ろから乗り込みます。

クラビタウンで宿泊する場合、ホテル名を告げるとそこまで行ってくれる可能性もありますが、いちおう公共の乗り物でルートがあるので、そこから外れる場合は追加でもう20~30バーツ請求されますが、荷物がある場合はそれでも便利でしょう。

クラビタウンからアオナンへは、Maharaj Rd と Soi Maharaj 8 の交差点付近から白いソンテウが出ています(ちなみにシャトルバスもここに着きます)。

ソンテウの営業時間は7時~22時で、クラビタウンからアオナンエリアまでの所要時間は30分、運賃は午後6時までが一人50バーツ、それ以降は60バーツです。

ソンテウのメリット

    • 空港→クラビタウン→アオナンまで最安値(といってもシャトルバスとの差額は40バーツくらいですが...)
    • クラビタウンであれば、ホテルの目の前まで行ってくれるかもしれない
    • 時間的にもまあまあ(途中乗り降り客で止まるが、結構スピードを出すのでその分が相殺される)

 

ソンテウのデメリット

    • 空港の前の国道まで歩く必要がある(10分程度)
    • 時刻表がなく、暑い中いつ来るかわからないソンテウを待つ必要がある
    • 運転手は英語が通じない詰めて座って一列5人、したがって定員は10人
    • 走行中は結構排気ガス臭く、マスクを着けるかハンカチで鼻と口をしっかり押さえるなどしたい
    • スピードもかなり出すので、カーブの時にはしっかり掴まる必要があり、クネクネとカーブする道も多く酔うかも
    • 空港からアオナンビーチまでの直通ソンテウはなく、クラビタウンで乗り換えないといけない

定員いっぱいだと、荷物は屋根の上に置くように言われます。
同乗した欧米人は、自分のバックパックが走行中に屋根から落ちないかずっと心配していました。

クラビ空港からの主要ポイントへの移動方法のまとめ

クラビ空港からの移動方法をまとめると、時間、人数、荷物の多さと予算によりますが、

  • 時間はたっぷりあり、リピーターでタイ国内移動に慣れていてとにかく費用を1バーツでも浮かせたい、そしてチャレンジ精神旺盛の方はソンテウ
  • 3人までで、時間はありバジェット旅行だがクラビが初めてであればシャトルバス
  • 大人2人子供1人で、移動での疲れを減らし空港からまっすぐアオナンに行くんだったらGrab、メータータクシーまたはプライベートカー
  • 5人以上ならミニバン
  • 深夜到着なら、事前にウェブ予約で配車を済ませておけば、料金は空港からのサービスと同じか少し安く安心

といったところでしょう。

(↓続く)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事