近年、バンコクでの大気汚染がとても深刻な状態です。

 

例年、乾季に入るとPM2.5の数値についての報道がなされるのですが、特に2019年に入って、お正月休みの帰省や旅行でバンコクを留守にしていた人々が戻ってくる1月5日頃からほとんど毎日のように汚染状況などについて報道がなされ、首相自らマスクの着用を国民に促すなど、あまり環境問題に敏感とは言えないタイ人も無視できない状況になってきました。

 

毎朝都心の自宅からうちの大学までマイカー通勤している同僚も

日の出と同時に高層ビルの街並みが朝焼けと霧に包まれて、なんとも幻想的だったよ。その霧の正体が大気汚染なのがいかにもバンコクだけど。

って自嘲気味に話してくれているほど。

 

バンコクとその近郊に住んだり働いていたりしている人は、年に数回押し寄せる厚い大気中の汚染物質の層によって健康被害の脅威にさらされるわけですが、どんな対策を施したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

PM2.5の正体とその危険性

(日本気象協会HPより)

 

PM2.5というのは、

  • 大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子(髪の毛の太さの1/30程度)で、
  • 物の燃焼などによって直接排出されるものと、ガス状大気汚染物質が、主として環境大気中での化学反応により粒子化したものとがあり、
  • ボイラー、焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の堆積場等の粉じんを発生する施設、自動車、船舶、航空機等、人為起源のものなどが発生源で、
  • 吸入すると肺や血流の奥深くに入り込むことがあり、血管や心臓に悪影響を与えます。環境省(微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報)より

排気ガスには、二酸化窒素(NO2)などの細かな粒子が多く含まれており、その最も危険なものが、砂粒の20分の1ほどという小ささのPM2.5です。

 

粒子が大きければ鼻までで侵入が止まりますが、小さいと神経を通って脳にまで届く可能性もあります。

 

目や肌の炎症、頭痛、心臓病などの病気につながる可能性があり、特にお年寄りは心筋梗塞・脳梗塞などの循環器系への影響、さらには認知症や寿命を短くする恐れがあり、子供は喘息・肺炎など呼吸器系に影響を受けやすい(PM2.5値が高い地域では肺機能の発達が遅れた子供が多い)と考えられているので注意が必要です。

 

報道で、「風邪を引くことがめったにない子が、咳ばかりするようになった」とインタビューに答える母親の姿もあり、またとある大衆紙には、PM2.5は肺だけでなく血管にも入り込むため、血管が弱ることで男性機能への影響も心配されるという、冗談とも本気ともつかない記事もありました。

 

スポンサーリンク

PM2.5を含む大気汚染の指標

(2018年12月20日、バンコクのラートクラバーン地区にある学校の登校時の風景。)

 

危険度を測る目安ですが、タイでは

  1. 1㎥(立方メートル)あたりの数値(単位は㎍:マイクログラム)と
  2. AQIという、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)が定めた大気質指標

を参考にしており、この2つは混同しやすいので注意が必要です。

 

PM2.5が40.5~65.4㎍/㎥でAQI指数が101~150となっており、バンコク都では安全値を1立方メートルあたり50マイクログラムまでAQI指標では100を超えると影響を感じる人が出始めると言われてます。

 

AQIの6段階の数値に対する定義は次の通りです。

  • 0~50Good(良い)
  • 51~100Moderate(中庸)
  • 101~150Unhealthy for Sensitive Groups(一般人、とくに敏感な人は皮膚がヒリヒリしたりかゆみを感じたりすることがある)
  • 151~200Unhealthy(一般人、とくに敏感な人の心肺への悪影響や健康状態の悪化の可能性の増加)
  • 201~300Very Unhealthy(一般人へのかなりの健康被害が懸念される。敏感な人は日常生活で耐久力の低下を感じるので、室内に留まり活動を制限するべき。)
  • 300~500Hazardous(一般人、敏感な人ともに炎症や有害な健康への影響があり、他の疾患を引き起こす原因にもなりうる。誰もが運動を避け室内に留まるべき。)

ですので50マイクログラム、AQI値100というのが安全圏かどうかの目安になります。

 

スポンサーリンク

個人的に大気汚染で健康を害した経験

タイに来た当初から、バンコクは空気が汚いということは聞いていましたが、私は「郊外に住んでいるから大丈夫だろう」と高を括っており、そこまで気にしていませんでした。

 

しかし2度、大気汚染が身体に与える影響というものを実際に経験し、それ以来気をつけるようになっています。

 

一度目は、友人の引越しの手伝いでタイ人よろしくピックアップトラックの荷台に乗って洗濯機を運んだことがあり、いちおうハンカチで鼻と口を塞いでいたのですが、次の日喉がとてもいがらっぽく、風邪の初期症状のような状態になり、うがい薬などを使用しましたがそれが消えるまで2~3日を要しました。

 

二度目は、ある休日の朝に45分ほど近くの公園でランニングをしたのですが、運悪くPM2.5の値が高い日で、昼過ぎからからだ全体、とくに背中の辺りに異様なだるさを感じはじめ、夜にはものすごい寒気がして、気温が低いわけではないのに温水シャワーから出られないほどになってしまいました。

 

てっきり風邪をひいたんだと思い、その晩はタオルケットに包まるようにして寝て、夜間は発熱もしたのですが、幸い翌日には熱が下がっていました。

 

翌日、念のためにクリニックを訪れたところ、医師からは「大気の汚染物資が激しい運動で急激に体内に取り込まれたため」という診断でした。

 

それ以降は後述する対策をとっていますが、目がしばしばしたり目のまわりがかゆくなったりする日はやはりPM2.5値が高いですね。

 

大気汚染が深刻化するアジア地域

世界の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップより

 

まず地理的に、タイという国が中国は言わずもがな、休校が相次ぎ空港の滑走路も一時閉鎖されるなどの事態に陥るインド、国民の10%の死因が大気汚染に起因していると言われているベトナム、大規模な野焼きや山火事でマレー半島まで被害を与えているインドネシアに四方を囲まれているということがあります。

 

タイだけでなくマレーシアでも、利用しやすい石炭火力発電に依存しているのも問題ですし、お隣カンボジアで樹木や草木を燃やしたものがタイに流れてきているという学者の指摘もあります。

 

タイでのPM2.5の発生源とバンコク行政の取り組み

https://www.thethailandlife.comより引用)

 

タイにおけるPM2.5の発生源

PM2.5はいったいどこで発生するのでしょうか?

 

 

ディーゼル排気

こちらの記事によると、まず不完全燃焼するディーゼル排気が挙げられます。

 

タイでは年式の低い車が多く走っており、特にバンコクのほとんどのバスは20年以上の運行歴があるので、エンジンはとても良好な状態とは言えず、そこらじゅうにスモッグを放出します(もちろん、このスモッグはバスだけではなく、建設用トラック、普通自動車、そしてトゥクトゥクからも発生しています)。

 

野焼き

次に多いのは野焼きです。

 

タイの農家は、伝統的に畑を燃やすことで雑草を駆除し播種シーズンに備えるのですが、草木が燃える煙のことを煤塵(ばいじん)と言い、人体に非常に有害な物質、つまりPM2.5が含まれています。

 

建設現場

現在、バンコクではBTSとMRTの路線拡大に伴って至る所で建設工事が行われているため、大量の粉塵が発生しています。

 

また、ただでさえバンコクは交通量が多いのに、工事のために道路が狭くなったり迂回路を通らなくてはならなくなるため必然的に渋滞が起こり、自動車からは多くのCO2が大気中に放出されます。

 

公共交通機関を充実させ、交通量を減らすことで環境改善を図っているはずが、そのせいでかえって大気汚染が悪化するという、なんとも皮肉な状況になっています...

 

その他

大気汚染は工場や発電所からも発生します。

 

*野焼きや工場、発電所からの汚染はバンコクでは起こりませんが、汚染物質は気流により周辺の地域からバンコクにもたらされます。

 

行政の対応は一時的・部分的

ただ、タイの名誉のために書くと、行政も事態をただ手をこまねいて見ていたわけではありません。

 

1990年代初頭からディーゼルとガソリンに含まれる硫黄や鉛成分を取り除くなど、大気汚染の抑制に取り組んできました。

 

タクシーも天然ガスを燃料としていますし、2010年にはブリブリという爆音とすさまじい黒煙を上げてバンコク都内を我が物顔で走っていた緑の小型バスが廃止に。

 

現在走っているノン・エアコンバスもあと数年で姿を消すようです。

 

 

バンコク都内では、特に汚染がひどい路面の汚染物質を洗い流したり、航空機を使って空から塩化ナトリウムを散布し人工的に雨を降らせる試みをしており、バンコク都庁の発表では、チャトゥチャック地区での散水でPM2.5の値が96から71にまで低下し、一定の効果はあると主張していますが、タイらしく限定的かつ対症的で根本的な解決に至っていないのが現状です。

 

首相は、悪化する一方の大気汚染問題を解決するために、車の使用を制限(単独での運転やディーゼル車の使用禁止、走行台数の制限など)するなどの厳しい措置をとる決心をしていると語った。The Nation

今後、電気自動車やハイブリッド車の生産を拡大し、旧型バスからNGV(天然ガス車)への交代と鉄道網の整備を急ぎ、ディーゼルガソリンに代わる燃料として植物油やパーム油を原料とするB20という燃料を導入することにより、PM2.5の排出量を少なくとも現在の15%以上抑える方針です。

 

タイ・バンコクでのPM2.5対策

それではどうしたらいいかというと、

  • 情報収集
  • PM2.5の値が高ければ外出を極力さけるか、外出時間を短縮する
  • 外出の際にはアメリカのN95、日本のDS1規格のマスクを着用する
  • 窓を閉め、室内では空気清浄機を使用する
  • エアコンにもフィルターを施す
  • 植物を室内に置く

といった対策を個人でとる必要があります。

 

情報収集

とある日のPM2.5の状況。酷い日はこのように一日中値があまり変わりません。

 

以下のウェブサイトまたはアプリで日々状況を確認してください。

 

Air4Thai

Air4Thai

Pollution Control Department, Thailand無料posted withアプリーチ

 

AirVisual 大気汚染|空気の品質モニタリングと予報

AirVisual 大気汚染|空気の品質モニタリングと予報

AirVisual無料posted withアプリーチ

 

マスクの着用

マスクですが、N95という規格のものであればPM2.5を95%以上遮断してくれます(アメリカ国立労働安全衛生研究所による)。

 

2003年に香港でSARS(重症急性呼吸器症候群)が猛威を振るったときもこのマスクが使用されました。

 

日本のDS1という規格のものでもOKで、とにかく微小粒子物質をできるだけ防ぐことができるものを、上の写真のように、顔とマスクの間に隙間ができずしっかりフィットさせるように着用することが重要です。

2019年2月現在、バンコクとその近郊ではマスクの品切れが続いており、偽物が大量に出回っているような状態です。

 

 

日本の方が品揃えは豊富で安価(排気弁がついたもので、20枚で2,000円程度)ですので、帰国時に少し買いだめしておくか、この時期にタイに来る出張者、家族、友人などが持ってきてくれると、在タイ者は喜ぶと思います。

 

なお、どうしてもN95規格のマスクが入手できない場合、

このように

  • 通常のマスクの中に2つ折りのティッシュペーパーを入れる
  • マスクを2重に着用する

などの代替方法がネット上で紹介されていましたが、チュラロンコーン大学の教授によるとこれには確固たる根拠がなく、研究結果が出るまでこのような情報をリリースするのは控えて欲しいということです。

 

空気清浄機

うちのように育ち盛りのお子さんがいらっしゃれば、室内でも気をつけたいところです。

空気清浄機は、8畳くらいの部屋をカバーできるこの製品か類似のものが、タイに持って来れる限界ではないかと思います。

 

もっと広い部屋用には現地で購入するしかありませんが、家電製品の店頭では見本も合わせてすべて品切れというところがほとんどでした。

 

タイのECサイト大手、LazadaShopee では見つかるものの Pre Order(予約販売)となっていて、すぐに配送してもらえないものもありますので注意してください。 

 

エアコンのフィルター

以上のような対策を施しても、毎日使うエアコンが汚染された空気を取り込んでしまっては元も子もありません。

 

そこで、エアコンに3MというメーカーのFiltreteという布状のフィルターを、エアコン内部のフィルターに付けることをお勧めします。

タイの大手ホームセンターであるHomeProで、一番大きい15x96のサイズでも459バーツでした。

 

大きすぎる場合ははさみでカットするなど適宜工夫し、取り付け方はこの動画を参照してください(英語ですが見るだけでわかります)。

 

植物を室内に置く

私は観葉植物が好きなんですが、年一回の一時帰国の際には1ヶ月ほど留守にするため、これまでタイでほとんど植物を買ったことがありません。

 

ですが、室内でPC作業をしていても目がかゆくなるような状態になり、空気清浄効果が高い植物を買ってみることにしました。

 

参考記事:汚染物質を吸収する10種類の木~寝室で育てることができる(タイ語)

 

こちらの記事では以下の10種類の植物をすすめています。

 

  1. カンノンチク(Lady Palm
  2. スパティフィラム(Peace Lily)
  3. アレカヤシ(Areca Palm)
  4. アロエベラ(Aroe Vera)
  5. アグラオネマ(Chinese Evergreen)
  6. オリヅルラン(Spider Plant)
  7. セイヨウタマシダ(Boston Fern)
  8. セイヨウキヅタ(English Ivy)
  9. ベンジャミン(Weeping Fig)
  10. シンノウヤシ(Dwarf Date Palm)

いづれも熱帯域を中心に分布し、観賞用に栽培されるものですので、お好きなものを室内に飾ってみるのもよいと思います。

 

追記:ペットをPM2.5から守るには

犬や猫などのペットを飼っている方もいらっしゃるかも知れません。

 

大切な家族の一員をPM2.5から守る方策としては、以下を参考にしてみてください。

 

  1. 屋外での活動を控える:PM2.5の値が高い日には屋外への散歩をせず、呼吸器疾患にかかりやすい犬や猫は外出の際も車中にとどめておく
  2. 室内を清潔に保つ:フローリング床掃除はなるべく天然由来の洗浄剤で水拭きをし、エアコンを入れ、部屋をなるべく乾燥させないようにする
  3. 常にペットの状態を観察する:皮膚の発疹や眼の炎症、鼻水、痰、咳、くしゃみ等がないか常に気を配り、頻繁な息切れや極端な食欲低下などがあればすぐに獣医師の診察を受ける(1歳未満または6~7才以上の動物はとくに注意が必要)
  4. ペットをリラックスさせる:PM2.5が40㎍/㎥以下のときに散歩に連れて行く。その際にも長時間の外出させず、自宅に戻ったら濡れた布やティッシュでペットの顔や足をきれいに拭いてあげる。1日2〜3滴の点眼をする。冷たい水を飲ませ、水は頻繁に変えて清潔さを保つ。

参考記事:ペットをPM2.5から守る4つの方法(タイ語)

 

最後に

問題は、政府や行政の対応が後手後手に回っていて、どのくらいで大気汚染が収束するかわからないことです。

 

下手をすると雨季に入るまでずっとこの状態が続くかもしれません。

 

この記事を執筆時点でも、バンコクと近郊の幼稚園から大学まで数日間休校措置が取られましたし、息子が通う小学校では始業時間を普段より遅らせています。

 

観光スポットであるバンコクの王宮広場前も53㎍/㎥という高い数値を記録していますし、パタヤやシーラチャーでも安全基準を超えている濃度になっているとのことです。

 

バンコクの大気汚染は、前述の政府の解決策からみてもわかる通り、すぐに解決できる問題ではありません。 私たちは自分で自分の身を守る必要があるのです。

 

この記事がみなさんと大切な方を守る基本的な指針となれば幸いです。

 

もしなにか書き忘れていたり、ほかに有益なアドバイスがあれば、ぜひコメント欄でのシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事