【Hard Rock Hotel Pattaya】ハードロックホテル・パタヤの宿泊レビュー、口コミと評価

連休を利用して、数年ぶりに家族で久々にパタヤに来ました。

今回宿泊先に選んだのは、ビーチロード沿いにあってひと際目立ち、かつてソンクラン(タイ正月)中に外国人の水かけの拠点となり、ソンテウ(乗り合いトラック)に乗車中に派手に水をぶっかけられたハードロックホテル・パタヤです。

そんな因縁はあるものの、世界中に展開していて知名度抜群の個性的なホテルで、日本人の宿泊客も多いようなので、一度泊まってみたいなあと思っていました。

今回の記事ではこのホテルのレビューを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

パタヤのハードロックホテルのロケーションと概要

世界各地に120以上の店舗を展開するアメリカン・レストラン、ハードロックカフェが運営するホテルで、パタヤには2001年に進出して以来、タイ人にも外国人にも人気を博している、ロックミュージックをテーマにしたホテル。

デラックス、ロイヤリティールーム、スイートと、10種類の客室(定員は大人2名子供2名で、キングズスイートのみ大人4名)、全323室を誇ります。

パタヤの中心地にあり、プールを突っ切ってビーチロードを渡ればそこは海。

コンビニ2軒、バーガーキング、それからセントラルフェスティバル・パタヤ(スタバなどのカフェから各種レストラン、スーパー、アパレル、ドラッグストアなどなんでも揃う大型ショッピングモール)へも徒歩圏内です。

ビーチロードからもアクセスできますが、車ですとパタヤサイソン通り(Pattayasaisong Rd)から敷地内に入り、こちらが正面玄関になります。

タクシーを利用したら「ハードロックカフェ」か「ハードロックホテル」かと聞かれました。
ホテルが面している道路が西側も東側も一方通行なので、その関係だと思います。
スポンサーリンク

ハードロックホテル・パタヤの客室

デラックス・シティービュールームを予約しましたが、チェックイン時に無料アップグレードしてくれ、デラックス・ルームに。

デラックスルームからの眺め。

プールと生い茂ったヤシの木々、そして海と行き交う船が遠くに見えて、海辺のリゾート感満点です。

広さは32㎡ということでしたが、大人2人子供1人で広すぎず狭すぎずちょうどよく、客室はスタイリッシュかつきれいで古さを感じさせない。

部屋の形が真四角ではなく、窓の部分がプールと海が見えるように突き出たユニークな感じで、メイン部分は紫のカーペット、バスルームは黒を基調としたシックな雰囲気。

部屋に入ってすぐクローゼットがあり、バスローブと一緒に売り物のTシャツが(笑)。

セーフティーボックスとドライヤー、ランドリーバッグもここにあります。

湯沸し器とインスタントコーヒー・ティーバッグ類、ミニバーのドリンク類もしっかり揃っています。

私たちは使いませんでしたが、メディアプレーヤーもあり、部屋でお気に入りの音楽を聴いてリラックスしたりもできます。

枕にもギターのロゴが。

マットレスの硬さもちょうどよく、高さと硬さが違う2種類の枕があり、寝心地がすばらしい。

普段寝つきが悪い息子も速攻で寝に入ってました。

部屋のコーナーに飾ってあった有名なミュージシャンの写真。

バスタブはなくシャワーのみで、シャワーブースを閉じる扉がないので、シャワーを浴びる際はトイレ側に水が漏れないよう少々注意する必要があります。

アメニティーは自社ブランドのもので、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、石鹸、綿棒とシャワーキャップ。

シャンプーはちょっと男性化粧品っぽい香りがしたけど、コンディショナーは持っていったものを使ったせいか、特に髪がゴワゴワするということはなかったかな。

歯ブラシは置いてありませんでしたが、リクエストすればもらえるのかも知れません。

スポンサーリンク

ハードロックホテル・パタヤの朝食

朝食はこちらのStarz Dinerというレストランでのビュッフェ形式で、6時から10時30分までとなっています。

レストラン入り口で客室番号を告げると、スタッフが空いた席に案内してくれます。

レビューにも多く書かれていましたが、とにかく宿泊客が多いせいかかなりの人で、雑踏に足を踏み入れたかのようにごった返していました。

メニューもドリンク、ベーカリー、ハム&チーズ、サラダ、麺類、タイ料理、インドカレーなどひととおり揃ってはいましたが、大型ホテルにしてはなんとなく種類も味も鮮度も物足りなく感じました。

また、ドリンクコーナーでは、誰かがこぼした牛乳がそのままになっており、スタッフも忙しくて手が回らないようでした。

パンケーキもワッフルもあんまり...

しかしながら、忙しいなかでも混雑が少し収まると、親切な男性がスタッフが頃合いを見計らってコーヒーと紅茶の希望を聞いてくれ、2人分のコーヒーを頼むと気前よくポットでドカッと持ってきてくれました。

2人でカップ2杯ずつくらいあり、煮詰まっていなくて味わえました。

また、時間ギリギリにくる欧米人にも丁寧に対応し、すぐに料理の片づけに入らないところも親切だと思いました。

さて、朝食会場でぜひ見てほしいのが、ミュージシャンがかつて使用した本物のギターの数々です。

倖田來未さんの直筆サイン入りギターも飾ってあったよ。

こちらのレストランでは、18時30分から21時30分まで、炭火焼きのバーベキューディナーも提供していて、日~金曜は688バーツ、土曜は999バーツで、12歳以下のお子さんは無料です。

ハードロックホテル・パタヤの設備

ホテルは有名なハードロックカフェ(Hard Rock Cafe)を含めた6つのレストラン、ショップ、子供から大人まで楽しめる大きなプールを備えています。

ハードロックホテル・パタヤのプール

ここのプールは2,000㎡という広さで、エリアによって水深が異なり、小さなお子さんから大人までエンジョイできます。

また、朝7時から夜10時まで遊べるのも魅力。

ホテルの建物からビーチに向かって右側は足元が砂場のミニ・ビーチとなっており、スライダーを備えたキッズエリア。

その先には藁ぶき屋根のカバナが並んでおり、家族で貸切ってのんびりするのもいいでしょう。

カバナ使用料

  • 平日:700バーツ
  • 週末および休日:1,300バーツ(ドリンク・カクテルと500バーツのスパ・バウチャー付き)

左側にはビーチチェアが並んでいますが、雨が降るとマットレスがぐしょ濡れになり、その後しばらく利用できないのが残念。

プールサイドでは常時アクティビティーが行われていて、とても楽しく過ごせます。

欧米人とバスケットゴールを競うゲームに参加して、ビール一杯ゲットしました!

プールの中ほどにあるスナックバー(10時~19時)では、軽食や冷たいドリンクをオーダーできます。

毎週土曜日には、プールサイドで「ファミリー・フォーム・アドベンチャー/ザ・プール・パーティ」が開かれ、宿泊客は無料で参加できます。

夕方4時から5時まではちびっこたちの時間、午後6時半から深夜0時までは大人(20歳以上)限定です。

この泡は有害な物質が一切含まれておらず、肌が敏感な方でもアレルギー反応を起こすようなことはなく、目に入っても痛くなく安心ということです。

土曜の夜にはこのようなライブ音楽の演奏が行われ、また国内外のアーティストやDJが招待されることもあり、かなり賑やかになります。

ハードロックホテル・パタヤのロビーとフロントデスク

ロビーに入ると、ロックスターが着用したボディースーツやコスチューム、ギターなどが展示されゴージャスな内装。

独特の香りがして、それが結構きつく、慣れるまでに時間がかかりました。

ロビーに入ってすぐ右手には数々のギターが展示してあり、希望すればお気に入りのものを選んで部屋で試し弾きができるようです。

フロントでは、チェックイン時には男性、チェックアウト時には女性のスタッフが、ゆっくりはっきりとした英語で対応してくれました。

 
  • チェックインの際はデポジットとして4,000バーツ(クレジットカード)が必要で、チェックアウト時にキャンセルされるシステムになっています。
  • チェックイン時にWi-Fiのパスワードが記された紙をもらえます。一つのパスワードでPC・スマホ・タブレットなど5台までですが、家族3人で2枚くれました。
  • 連休最終日だったせいか、チェックアウトはフロントに長蛇の列ができていました。急ぎの方は前日清算など早めの準備を!

ハードロックホテル・パタヤ内にあるショップ

Rock Shop(ロック・ショップ)が、ホテル内とビーチロードに面したHard Rock Cafe (ハードロック・カフェ)の2ヶ所にあります。

こちらはホテル内(ロビー、玄関を入ってすぐ左)のショップで、9時~22時の営業。

そしてこちらがカフェ併設のショップ(11時~深夜まで営業)。

オリジナルグッズやT-シャツなどを販売していますが、品揃えは2店舗で多少異なるようでした。

宿泊記念に妻に購入したのがこのブローチ(550バーツ)で、収益の10%が乳がん支援のため、Hard Rock Heals Foundationに寄付されます。

ハードロックホテル・パタヤのカフェとレストラン

こちらには前述の The Starz Diner のほか、有名な Hard Rock Cafe、ピッツェリアと The Soul Loungeというバー・レストランもあり、ダイニングやナイトライフは充実しています。

ハードロックホテル・パタヤのキッズクラブ

12歳以下のお子さんはプールに向かって右手にあるキッズクラブを利用できます。

レゴやPS4 があり、またベッドもあってお昼寝もできますが、1時間につき100バーツの利用料がかかります。

13歳以上はこちらのジュニア向けTabu Club を利用でき、ゲームコーナーや卓球台、部屋の奥には小シアターもあるようです。

こちらも利用料1時間100バーツがかかります。

卓球台はプールのタオルを貸し出すカウンターのそばにもあり、こちらは無料ですが雨天には利用できなくなります。

ハードロックホテル・パタヤの口コミ、感想とまとめ

口コミと今回2泊した私たち家族の感想を合わせてまとめると、

長所

    • 立地がすばらしい
    • 全体的にホテルはゴージャスな雰囲気
    • スタッフがとても親切ていねい
    • プールでのアクティビティーが充実していて、一日中遊べる

短所

    • 日本語スタッフなし、日本語テレビ番組なし
    • 朝食が大混雑かつ、クオリティもそこまで高くない
    • 特に週末や休日はかなり賑わい、深夜までうるさい

抜群の知名度で特に週末や休日には宿泊客が絶えず、そのため、奢ってるという感じはないのですが、細かいところまでは行き届いていないという印象でした。

ということで、かなり個性的で好き嫌いが分かれるホテルかと思いますが、ロック音楽のファンでもなんでもなくても、多少雑なところはあっても、家族でならまた泊まりに行ってもいいかな。

まあ、私たち家族は長年タイに住んでいることもあり、パタヤは来ようと思えば休みのたびに来ることができ、あまり細かいところは気にせず、少々残念なことがあっても「次は別のホテルにすればいいか」で済んでしまいます。

ですが、日本からの家族連れの方はそうたびたび来られるものでもないので、せっかくの旅行が台無しにならないよう、宿泊場所には慎重になりますよね。

ということで、長文となりましたが、パタヤで人気のファミリー向けホテルのレビューでした。

パタヤでのホテル選びの一助になればと幸いです。
Hard Rock Hotel Pattaya
住所:429 Moo 9, Pattaya Beach Road, Cholburi, Pattaya 20150
TEL:+66 (0)38 428755-9
公式サイト   Agodaで予約
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事