現地大学講師が発信する、タイ旅行&生活を楽しくするための情報。来てよかった的な。

グランモンテ~カオヤイのタイ有数のワイナリー

「グランモンテ=เขาใหญ่(カオヤイ)=大きい山」、避暑地やゴルフ場で有名なところです。

 

いままで休暇をほとんど海辺で過ごしていましたが、今年の10月の休暇はこれまでと趣向をがらりと変えて、タイのスイスと呼ばれるここカオヤイで過ごしています。

 

バンコクの喧騒を離れて、空気がおいしく静かなカオヤイ。

 

国立公園で滝を見たり自然の中を歩いたりするのは、ビーチしか知らなかったタイの別の顔を見るようで新鮮です。

 

カオヤイに来たらワイナリーツアー

熱帯のタイでブドウ畑?なんかイメージが湧かなかったんですが、タイ国内でも山間部では昼夜の気温差があってブドウ栽培が可能な場所があり、そのような土地でワイナリーが増え、ここ20年ほどで急速にワイン醸造が発展してきました。

 

タイの主なワインの産地は、北タイ、チャオプラヤデルタ付近、フアヒン、そして今回訪れたカオヤイの4つです。

 

これらのワイナリーでは、ワイン畑や醸造所を見学させてくれるツアーを開催していて、ワインのテイスティング付き。

 

子供やアルコール飲料が飲めない人にもおいしいブドウジュースを提供してくれます。また、併設のレストランで食事も楽しめるんですよ!

 

タイが世界に誇るワイナリーを見学

国際ワインコンクールで数々の賞を獲得したグランモンテの、ディナー付きワイナリーツアーに参加してきました。

 

平日の夕方だったせいか見学客はうちの家族3人のみ。貸し切りです。

 

見学用トロリーバスで敷地内を巡り、醸造所を見せてもらい、カフェ兼お土産店で4種類のワインをテイスティング。

 

それぞれ個性があって、タイ料理にもよく合いそう。

 

白ワインからバナナのようなフルーティーな香りが、ロゼからバラのような香りが、そして2種類の赤ワインからそれぞれ木(オーク材)とコーヒーのようなアロマが!

 

いままでいかに無頓着にワインを飲んでいたか思い知りました(汗)。

 

ワイナリーは想像していたのよりこじんまりとした規模でしたが、それでも年間生産量は白ワイン8万本、赤ワイン12万本だそうです。

 

収穫は毎年1~2月、ブドウはすべて夜間に人の手で摘む、スパークリングワインはボトル詰めしたあと数か月間毎日6~8時間枚にひっくり返すなど、貴重なお話がたくさん。

 

ツアーといってもテイスティングを含め1時間。息子もジュース1本とおやつにチーズとクラッカーをもらって、あまり退屈せずに済みました。

 

ハイライトは、併設レストランVinCottoでのディナー

ツアーと食事のパッケージはタイ料理と西洋料理があり、それぞれ3つのコースから選びます。

 

タイ料理の方がボリュームも多く値段も高め。私たちはサラダ、メイン、デザートで構成された西洋料理のコースにしました。

 

海老と種無しブドウのサラダ

小粒のブドウは皮が薄くて食べやすく、優しい甘さ。エビはプリップリ。

 

アヒル胸肉の燻製のサラダ

しっかりした肉質と新鮮なサラダのパリっとした歯ごたえのコントラスト。

 

シーフード入りイカ墨スパゲティ

海老、イカ、白身魚、ムール貝と具だくさん。ホーリーバジルと胡椒の実が入っていて、イタリアとタイのコラボ。

 

本来は辛いのですが、子供のために唐辛子を抜いてもらいました。

 

ポークチョップ、マッシュルームソース

骨付きのロース肉が丁寧に焼いてあり、クリーミーなキノコのソースで食べやすく、息子がペロリンコ。

 

ラム肉のソテー、オレガノ風味

ハーブ類で子羊の肉独特の匂いを抑えており、付け合わせのシンプルなパスタとよくマッチしています。

 

ブドウのせチーズパイ

サラダに入っていたブドウがおいしく、もうちょっと食べたいなあと思っていたところ嬉しい再会。

 

クリームブリュレ

甘すぎず、クリームのとろっとした感じがたまらない。

 

雨が数時間おきに降る季節でしたが見学時には良い天気で、大自然の中でおいしい食事を堪能し、ワイン造りの工程を目の当たりにして、家族全員大満足でした。

 

バンコクから車で3時間ほど。カオヤイに来たらぜひ立ち寄ってみてください!

 

詳細情報

Granmonte グランモンテ

ワイナリーツアー料金:300バーツ(12才以下は無料、ツアーのみの参加は土、日のみ)

 

ツアーと食事のパッケージは西洋料理が950、995、1,070バーツの3コース、タイ料理が1,035、1,155、1,270バーツの3コース(毎日開催)

 

レストランVinCotto: 7時30分~20時(毎日営業)コースの他、アラカルトもあり

 

その他:ゲストハウスもあり、宿泊もできます。ブドウの収穫時期は1~2月で、収穫祭も開催するそうです。

 

ウェブサイト:http://www.granmonte.com

 

Tel. 086-133-6000, 081-622-6662(英語)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

バンコク郊外の大学講師

念願だった東南アジアでの教職を得て、なんとなくタイに移住した形となり15年。

このおおらかな国で、人を育てるというやりがいと責任ある仕事、そしてとても貴重な経験をさせてもらっています。

タイにお住まいの方やこれから来られる方に、楽しくお役立ち情報を提供できればと考えています。

Twitter でフォロー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーリンク