現地大学講師が発信する、タイ旅行&生活を楽しくするための情報。来てよかった的な。

最大50%割引!のレストラン予約アプリEatigoイーティゴーは最強?

昨年あたりから妻のスマホにEatigoというアプリが入っているのですが、たまにバンコクに出て仲のよい友達とシーロム界隈で食事するときなどにちゃっかり割引を利用しています。

 

タイ語どころか英語もままならなかった彼女ですが、海外で生活するとたくましくなるものです。

 

まあうちは夫婦別会計ですし、日本人以外にも仲のよい友達がいてタイでの生活をエンジョイしているのは微笑ましい限りです。

*2018年1月31日追記

Eatigoでは中国正月などにちなんでキャンペーンを実施中しています。

 

例えば、「2月28日までにプロモーションコードを使って2回予約(最大で2人まで)を入ると200バーツのスタバ商品券をゲットできる」という感じです。

 

方法は簡単。予約をする際にアプリに表示されるプロモーションコード(以下のだと「CNY200」)を忘れずに入力するだけ。条件を満たすとメールが届くので、そこに届け先の住所を入力して返信すると、後日商品券が郵送されてきます。

 

興味のある方はぜひ!

 

Eatigo(イーティゴー)とは?

「空腹と店内の空席を結ぶ」役割を果たすべく2013年に設立された、割引特典つきのレストラン予約アプリ&Webサービス。

 

2017年11月現在、シンガポール、クアラルンプール、香港、マニラ、ムンバイ、プネー、そしてタイのバンコクとパタヤで、加盟しているレストランの予約ができ、時間帯により10~50%の割引が受けられます。いまのところ特に一流ホテルのレストランのビュッフェがとても人気です。

常識的に考えるとピーク時を避けた時間帯のほうが割引率が大きいようですがそうでもなく、レストランによっては混雑するような時間帯でも50%引きのところもあります。

 

また、平日も週末も同じ割引のレストランもあります。なお週末に利用すると予約特典があり、スタバの100バーツ分クーポン、セントラル・デパートの100バーツ分商品券、スウェンセン(アイスクリーム屋さん)の100バーツ分クーポンなどがもらえます。

 

これまでに数回利用しましたがなかなか良いです。

 

予約の仕方

予約サイトのスクリーンショット

 

公式サイトでは、食事をしたい日時と人数を入力して、料理ジャンルとロケーションを選択してレストランを検索(最初から行きたいレストラン名がわかっているときはそれを入力することもできます)するか、画面をスクロールしてカテゴリーから選択するか、さらにスクロールしてレストランと時間帯による割引率が表示されたパネルから選択できます(レストランはEatigoのおすすめ順、もっとも予約されているレンストラン順、新しく加盟したレストラン順、アルファベット順に並べなおすことができます)。

 

スマホアプリでは、ジャンル別、地域別などばらばらに表示されたカテゴリーから選択するか、画面下の「Search」をタップしてレストラン名や地域を直接入力することができます。

 

なお、予約には氏名、タイの携帯番号とメールアドレスを入力する必要がありますが、会員登録はしなくてもレストランの予約はできます。これからも使う予定がある人は何回も必要事項を記入する手間が省けるので登録しておいても損はないと思います。クレジットカード番号の入力なども一切ありません。

アプリで予約が完了した画面

 

予約が完了すると確認のメッセージがメールとSMSで届きます。

 

予約後レストランで

レストランには予約を入れた時間の前後30分以内に到着するようにし、入店したら店員さんにEatigoで予約した旨を告げます。そうするとアプリ(ウェブ)の予約コードを控えに来ます。

 

予約を入れたからといっても座席が確保されているわけではないようです。

 

あとは普通に食事をして、支払い前にちゃんと割引になっているか確認しましょう。

 

予約の変更とキャンセル

予約完了通知メールの「edit/cancel reservation」をクリックするか、アプリで my reservations→edit/cancel your reservation で変更またはキャンセルすることができます。

キャンセルは予約時間の前でしたらいつでもできます。

 

注意すべき点

規約にも書いてあるのですが、割引対象は食事だけで、ドリンクは安くなりません

また、お店によりますが、人数が増えると割引率が減ることもあります。先週末に家族で昼食をとりにとあるレストランに行った際、妻が事前にこのアプリで予約したのですが、デフォルトの2人だと20%引きと表示されていましたが、3人にしたら10%に減ったと文句を言っていました(笑)。10%割引でも、タイのレストランは10%のサービスチャージがかかるので、その分がなくなるだけでも大きいと思ったのですが。

 

予約サイトとアプリで、レストランの詳細にあるオススメのメニューと割引額の詳細がありますがこれは一例で、割引対象は基本的にすべての食事メニューなのですが、レストランが独自で行っている割引(セットメニューなど)と併用することはできません。

 

Eatigo以外の割引もあります

タイでは携帯電話会社、車のメーカー、クレジットカード会社などが競ってレストランと提携し、割引やプロモーションを展開しています。たとえばAISという携帯会社と契約していると○○という料理が半額になるとか、○○の車に乗っていると○○というデザートが無料でついてくるとか、○○カードで支払うと何パーセントか食事代が割引になる、といった具合です。

 

そして、私たち家族が食事を済ませ会計になって、「J○Bカードだと30%割引になりますがお持ちですか?」と店員さんに聞かれたので、Eatigoで10%割引の予約してきたけどできればクレジットカードの30%引きを適用できないかと交渉したら、なんとOK!

 

そのあとすぐにアプリから予約のキャンセルをするように言われたのですが、まったり食事を済ませた後だったので予約時間をとっくに過ぎていて取り消しができません。

 

予約を入れて来店しなかったり、今回の私たちのように使わなかったりといったことを3回するとアプリが使えなくなるということです。お店側が損をするといったことはないと確認しましたが。

来店しましたか?というメールが...

 

ということで、クレジットカードを使った方がこのアプリよりもお得な場合があるということですが、こういうプロモーションは期間限定でやっていることが多く、お店に行ってみないとわかりません。とりあえずEatigoで予約しておいて時間前にお店に到着し、クレジットカードのプロモーションがあったらEatigoをキャンセルするか。それも面倒ですね。←まったく貧乏人の考えることは...

 

アプリは今のところ英語かタイ語ですが、使い方は至ってシンプルですので、旅行者や在住者の方で興味のある方はアプリをスマホに入れておいてもいいと思います。それでは。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

バンコク郊外の大学講師

念願だった東南アジアでの教職を得て、なんとなくタイに移住した形となり15年。

このおおらかな国で、人を育てるというやりがいと責任ある仕事、そしてとても貴重な経験をさせてもらっています。

タイにお住まいの方やこれから来られる方に、楽しくお役立ち情報を提供できればと考えています。

Twitter でフォロー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーリンク