センタラ グランド アット セントラル プラザ ラープラオ バンコク(Centara Grand at Central Plaza Ladprao Bangkok)のレビュー

仕事の関係で、バンコクの北部に位置するランドマーク的存在のデパート、セントラル・ラープラオに併設されたセンタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオに宿泊しました。

センタラ系列のホテルと言えば、バンコクのど真ん中、パトゥムワン(伊勢丹)にあるセンタラ グランド アット セントラル ワールドや、パタヤにあるセンタラ ミラージュが有名で人気もあります。

 

ですが、ラープラオにあるこちらのホテルも、大手旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」から2年連続でエクセレンス認証(Certificate of Excellence)を受けており、さすが5つ星ホテル、ゴージャスな雰囲気で快適な滞在でした。

 

場所的にもけっこう穴場的なホテルなのではと思ったので、この記事では宿泊した時のレビューを書くことにしました。

スポンサーリンク

センタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオはどんなホテル?

タイの流通大手セントラルグループの関連企業、センタラ・ホテル&リゾーツが経営する5つ星ホテルです。

 

セントラル・ラープラオというデパートに直結していて、ホテルの部屋から数分でショッピングセンター入りできます。

 

ちなみに、セントラルグループが最初に手がけたこのショッピングモールは、朝10時から夜10時まで営業しており、店舗数300、飲食店数90、さらには9スクリーン3,000席を誇る映画館で最新の大ヒット映画を観ることができる、バンコクでも随一の規模なんです。

 

ホテルにはフレンチ、イタリア、中華、日本、タイ、多国籍など8つのカフェ・レストラン(「萩」という日本食レストランあり)と、24階にはブルースカイという素晴らしい屋外テラスのルーフトップバーもあります。

 

スポンサーリンク

センタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオへのアクセス

 

ドンムアン空港から15km、タクシーで20分、メーター料金の目安は180〜220バーツ

 

スワンナプーム空港までは33km、車で高速を使えば35〜40分、タクシー料金は350〜440バーツ

 

公共交通機関利用の場合、MRT(地下鉄)パホンヨーティン(Phahon Yothin)駅が一番近く、そこからスカイウォークという歩道を歩こと450m(約5分)。

 

MRTにたったのひと駅乗れば、チャトゥチャックマーケットに着きます。

 

なお、宿泊者はチャトゥチャック公園とマーケットまでの無料シャトルバスを利用できますので、運行時間等はコンシェルジュにお尋ねください。

 

スポンサーリンク

センタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオの客室

ホテルの客室数は565。今回は、デラックス・スイートが通常4,700バーツのところ、2,961バーツになるプロモーションを利用して一泊しました。

 

宿泊したのは15階の角部屋、1526室で、広さは45㎡。3人まで宿泊できます。

 

明るく居心地がいい部屋でした。

 

パーティションで仕切ることができる大きめのバスタブ付きで、身体を縮めたりせずにゆったりと湯に浸かることができます。

 

また、トイレ、シャワーブースは別です。

 

アメニティはシャワーブースにシャンプー、コンディショナー、ボディーウォッシュ、バスタブ付近にバスクリスタル、バスフォーム、ボディーローション、そして洗面台にはマウスウォッシュまで。

 

Lotus Flowerというブランドについて調べてみましたが、よくわかりませんでした(このホテルチェーン独自のブランドでしょうか?)。

 

バスクリスタルはデトックス効果のあるバスソルトということで、今回は使いませんでしたが、入浴を存分に楽しんでくださいという心遣いが日本人には嬉しいところです。

 

湯上りにソファーでくつろぎながらビールをエンジョイしましたが、日中は窓際は暑かったです。

 

この部屋はウィパワディランシット通りに面していて、眺めは特にいいわけではありません。

 

それから、朝は道路を挟んで向かいのオフィスビルに朝日が反射して部屋に差し込んできましたが、おかげで寝坊せずちゃんと起きれたのでOKです。

もちろん厚手のカーテンを引けば問題ありません。

 

湯沸し器やインスタントコーヒー、ティーバッグもそろっていてGood。

 

キングサイズのベッドの奥にある書斎スペースも、エグゼクティブ感たっぷりでよろし。

子供は私が外出中、勉強がはかどったと調子のいいことを言っていましたが、ノートに漢字がびっしり書き込んであったので本当っぽいです(笑)。

 

最後に、ベッドはマットレスが硬すぎず柔らかすぎずちょうどいい感じで、このように小学生がダイブしてもけがの心配はありません(が、万が一お子さんが真似をしてけがをされても責任は負いかねます)。

まあ、私のように息子と二人だけで宿泊する人はめったにいないと思いますが...

センタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオの設備

1983年の開業と歴史はありますが、2012年に全面改修が施されたということで、そこまで古めかしさは感じませんでした。

 

ロビーとフロント

明るく開放感のあるエントランス。

 

高級感のあるロビー&フロント

 

ドンムアン空港まで近いせいか、とある航空会社の乗務員さんたちも宿泊していました。

 

この左手奥に朝食をとるチャトゥチャック・カフェ(Chatuchak Cafe)があります。

 

中庭とプール

実はホテル滞在中には気がつかなかったのですが、このプール、ハート形をしています。

 

そこまで大きくはありませんが、私のような普段座ってばかりで運動不足のような人間が軽くカラダを動かすにはぴったり。

 

朝はそこまで気温も高くなく、朝食前にひと泳ぎするのをおすすめします。

 

花びらが飾ってありいい雰囲気。

 

ホテル周辺は幹線道路ですが木々で覆われており、都会の中のオアシスのような感覚です。

タイ風のサラ(屋根付きの休憩所)。タイ舞踊のショーやグリル・バーベキューもこちらプールサイドで行われるようです。

 

フィットネスセンター

プールの隣にあり、朝6時から夜11時まで(土・日は夜10時まで)ワークアウトができるジムも充実しています。

 

16歳以下の子供は入室禁止ですが、プールで泳いだ後は受付の裏側にあるシャワーを使うことができます。

 

ジーンズや裸足は×。運動ができる格好をしていないと器具を使わせてもらえません。

 

センタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオの朝食

朝食は大型ホテルによくあるビュッフェ形式で、このChatuchak Cafe(チャトゥチャック・カフェ)でとります。

 

とにかく品数が多く、できればぎりぎりの時間に来てブランチにしたいところです。

 

朝起きて初めて私の胃の中に入るのは、ジュースやスムージーです。

 

出来立てで程よく冷えていておいしい。

 

サラダや野菜、チーズも新鮮に保たれていました。

 

ここでぜひ食べてほしいのは、焼きたての自家製ベーカリーです。

サクサクでおいしいのなんのって。

 

クロワッサンやデーニッシュなど、頃合いを見計らって焼いたものが補充されます。

 

ちなみにチャーハンなども、なくなりそうになったらその場で鉄板で作っていました。

 

むすこも朝から巻き寿司などを食べることができて上機嫌。

 

このように最高の朝食でしたが、とても残念だったことが一点

 

コーヒーを頼むとこのようにドカッとポットで出してくれるんですが、これが思わず

「どうして!?」

「いったいなぜなんだ!?」

と口にしそうになるくらいまずい...

 

レストランの奥、ベーカリーコーナーの近くにあるこちらのマシンの方がいくらかマシで、食後のコーヒーを求める人のちょっとした行列ができていました(笑)。

 

私は朝9時から仕事だったので、7時半には食べ始めましたが、8時過ぎにはかなり混雑して、入り口で行列ができていましたので、もし予定が詰まっている方は早めに来ることをおすすめします。

 

センタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオの口コミ、感想とまとめ

冒頭のトリップアドバイザーのレビューを読んでもポジティブなコメントが大半で、大絶賛している人も少なくありませんでした。

 

ネガティブなコメントとしては

  • スタッフの英語がプアだった
  • 部屋が埃っぽくWi-Fiのつながりが良くなかった
  • MRTの駅まで歩くのが年配の方にはきつい

といったものがありました。

私の個人的な感想は、

  • ロケーション良し(ドンムアン空港から30分以内)
  • メンテナンスもしっかりされている
  • ジムやプールも完備
  • バスタブが広くくつろげる
  • 部屋を出て5分後にはバンコクでも随一の大型ショッピングモールに入店
  • プロモーションでリーズナブルにグレードが上の部屋に宿泊できる

難点といえば、

  • 朝食のコーヒーがおいしくなかったということと、
  • チェックインが午後3時からだったこと

です。

 

タイのホテルは、たいていの場合チェックインは午後2時で、しかも部屋が空いていればもっと前でも入れてくれるところもありますが、ここはチェックイン時間の融通はきかないようでした。

 

しかし、チェックアウト時間を追加料金なしで1時間遅らせてもらうことができたのは、とてもありがたかったです。

チェックアウトの日に私は朝から近くの学校で講演をしたのですが、12時までにホテルに戻ってこれないので、一緒に泊まる息子をどうしようか相談したところ、1時間だけなら部屋にそのままいていいよ、と言ってくれました。

 

ということで、とにかくあまりあちこち動き回らずくつろぎたい人や、すでに観光でクタクタになり一日くらいいいホテルでからだを休めたい、という人にはにとってはとても居心地が良いホテルだと思います。

 

センタラ グランド アット セントラルプラザ ラープラオの予約

*私は公式サイトから予約しましたが、時期によってAgodaの方がお得な場合もありますので、お時間がある方は両方確認してみてください。

Centara Grand at Central Plaza Ladprao Bangkok

住所:1695 Phahonyothin Rd, Chom Phon, Khet Chatuchak, Bangkok 10900
TEL:02 541 1234

公式サイト   Agodaで予約
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事