有名な童話「ヘンゼルとグレーテル」にお菓子でできた家が登場しますが、そのパパイヤサラダバージョンがバンコクにあるんです。

わらぶき屋根の代わりに青いパパイヤ、壁一面にはピーナッツ、ナンプラー色の窓ガラスフィルムがタイの強烈な紫外線をカット...

冗談ですよ。

でもバーンソムタム(บ้านส้มตำ「ソムタムの家」)というレストランでバラエティー豊かなソムタムを食べると、まるでそんな家でくつろいでいるかのような気分になることうけあいです。

スポンサーリンク

ソムタムとは?

ソムタム はラオスやタイで食べられる青いパパイヤを使ったサラダ。
もともとラオスとイーサーンの料理であるタムマークフンが、変化を遂げながら南下し、タイ全域で広く食べられるようになった。
現在では代表的なタイ料理のひとつとされている。

ソムタム・タイなどさっぱりして誰でも抵抗なく食べられるものから、プラーラー(塩漬けした魚を発酵させて作った調味料)を使った本格的なものまであります。

千切りの青いパパイヤのシャキシャキとした食感と、具や調味料によって様々に変化する味が、食べる者を楽しませてくれます。

青パパイヤ以外にも、コーン、にんじん、きゅうり、りんごを使ったものもあり、そのバリエーションも豊富です。

ところで、ソムタムはタイ語で ส้มตำ と書きますが、メニューにはよくこの「ソム」が省略されます。

ソムタム・タイ(干しエビ、ピーナッツ、トマト、インゲンと青パパイヤのシンプルなもの)は「タムタイ」、沢蟹入りでプラーラーで味付けしたものは「タム・プーパラー」となります。

スポンサーリンク

【Baan Somtum バーンソムタム】店内と雰囲気

バンコクと近郊に5店舗を展開する、カジュアルな家族向けタイ料理レストランで、店舗によって外観や内装が違います。

こちらはBrioというモール内にある支店。

こんな感じで、日の光を効率よく取り込む大きなガラス張りの窓と、木の椅子とテーブル。

明るくシンプルな内装です。

スポンサーリンク

【Baan Somtum バーンソムタム】のメニューと予算

バーンソムタムのメニューを開くと、

  • ソムタム
  • 魚料理グリル
  • フライ
  • ヤム(スパイシーなタイ風サラダ)
  • ラープ(各種ひき肉とハーブの和え物)
  • ナムトック(スパイシーな味付けの焼肉サラダ)
  • 炒め物
  • スープ
  • ドリンク・デザート

の各カテゴリーに分かれていて、選びやすい。

今回は家族3人で白米、黒もち米、細麺を主食に、おかずはソムタム2品、小魚のフライ、ラープをオーダー。

  • 白米(Steamed rice/ข้าวสวย:20バーツ)
  • 黒もち米(Black sticky rice/ข้าวเหนียวดำ:25バーツ)
  • 細麺(Thin rice noodle/เส้นหมี่:25バーツ)

このもち米、黒というよりは紫色ですが、着色料で付けたものではなく自然の色で、普通の米に比べて鉄分やビタミンE、抗酸化物質を多く含んでいます。

ふっくら上品な味でもっちりしており、たまにナッツのような食感があり、よく噛むとごくわずかに甘みが感じられます。

タイでは主にデザートに使われてきましたが、最近このように白米の代わりに食べる人が増えてきているようです。

この付け合わせ野菜ですが、ご飯と一緒に持ってきてくれたのに気づかず、テーブルのデコレーションかと思っていました...

下に氷のかたまりが入っており、インゲンやミントの葉などが生け花のように差し込んであり、なかなかオシャレ。

さて、ソムタムですが、初めて食べたこちら、

  • カイケム(塩味の卵黄)を混ぜた千切りココナッツのソムタム(สำยอดมะพร้าว/Coconut tips salad mixed with salted egg yolk:85バーツ)

柔らかなタケノコといった食感で、味がついていない部分を食べると確かにココナッツの味と香りがするのですが、混ぜて食べるとそうとはわかりません。

パパイヤとはまた違った食感で、不思議なこのソムタム、なかなかイケます。

  • コームーヤーン(豚のど肉グリル)入りのソムタム(สำคอหมูย่าง Grilled pork -blade shoulder in Thai papaya salad:90バーツ)

スタンダードなソムタム(ソムタムタイ)に柔らかな肉が入っていて、タイ版焼き肉サラダといった感じ。

青パパイヤのシャキシャキ感とお肉のやわらかな噛みごこちのナイスなコントラストですが、途中でインゲンとピーナッツによるボリっとしたじゃまが入ります。

次、揚げ物いってみましょう。

  • 小魚のフライ(ปลาชิวทอด Deep-fried minnow:100バーツ)

スプラットというニシン科の淡水魚で広く食用にされています。

サクサクでカルシウムたっぷり。

肉料理からも何か一品ということで、シンプルに豚ひき肉のラープを頼みましたが、これが正解。

  • ลาบหมู Spicy munched pork salad 105バーツ

ひき肉は上質で柔らかく、脂身も少し。

安いひき肉にありがちな、軟骨だかスジだかわからない、ゴリっとかたくて食べられない部分は入っていませんでした。

オーダー前に内臓の部位を入れるかどうか聞かれ、今回は除いてもらいました。

こちらからリクエストするのではなく、オーダー時に聞いてくれる気づかいがうれしいですね。

また、子供がいたからか、辛さについても聞かれたので、少しだけにしてと頼みましたが、食べ進めるにつれ辛味が増してきました。

  • 「เพ็ดหน่อยๆ(ベット・ノイノーイ=ほんの少しだけ辛く)」
  • 「ไม่ใส่พริก(マイサイプリック=唐辛子抜きで)」

などと伝えた方がいいでしょう。

〆は

  • ココナッツアイスクリーム(ไอศกรีมมะพร้าว Coconut ice-cream 50バーツ)

シャーベット状で上品な甘さのアイスクリームの中にココナッツの小さな果肉が入っていて、楽しい食感。

少々火照った口内と舌を優しく癒してくれます。

さて、今回お腹いっぱいでオーダーできなかったデザートがあるのですが、それが

  • シロップ漬けのプラムマンゴー(มะยงชิดลอยแก้ม/Marian plum in syrup 50バーツ)

なんです。

マヨンチットというこのビワに似た小さな果物、マンゴーの仲間で3〜4月のとても暑い時期限定の果物なんだそうです。

この時期にタイにいる方はぜひ一度試してみてください。

さて、3人でこれだけ食べて、暑かったのでコーラの大瓶(45バーツ)を頼んで、なんと565バーツ(税込)

大戸屋やFujiに行っても7~800バーツくらいするので、家族での外食としてはかなりリーズナブルで助かります。

【Baan Somtum バーンソムタム】の口コミと評価

タイの口コミサイトをいくつか調べてみましたが、おおむね良好なコメントが多いようです。

男性
ソムタムの種類が多く、酸味が効いておいしいので一度は食べてみるべき。

女性
全体的においしく、値段も手頃でお店は清潔。雰囲気もいいしスタッフもとても丁寧。

女性
ソムタムもナムトックもガイヤーンも全部いいわ

男性
値段の割にボリュームが少ないかな。

一点だけ注意点がありまして、それは支払いが現金のみということです。

高度のキャッシュレス化が進むタイにおいて、できればQRコード支払いくらいには対応してほしい...

【Baan Somtum バーンソムタム】の追加情報とまとめ

バーンソムタム(Baan Somtum/บ้านส้มตำ)

サトーン店(バンコク)

9/1 ซอยประมวญ ถนนศรีเวียง สีลม บางรัก กรุงเทพฯ 10140

02-630-3486、061-660-3486

https://goo.gl/maps/wDnN32p8foM2

スクンビット店(バンコク)

15 ซอยสุขใจ(แยกบ้านกล้วยใต้)แขวงพระโขนง คลองเตย กรุงเทพฯ 10110

02-381-1879、095-546-9546

https://goo.gl/maps/WFKdv1ji5WR2
https://goo.gl/maps/gkxvM8FCmQN2

プッタモントン1店

251 ถนนบางเชือกหนัง, แขวงบางเชือกหนัง, เขตตลิ่งชัน, กรุงเทพฯ 10170

02-100-6312、095-459-6456

https://goo.gl/maps/gkxvM8FCmQN2

プッタモントン2店

112 ถนนพุทธมณฑลสาย 2 ศาลาธรรมสพน์ ทวีวัฒนา กรุงเทพฯ 10170

02-024-8550、091-747-8822

https://goo.gl/maps/EweEMqTgzmF2

プッタモントン4店(ナコーンパトム県)

The Brio Mall 199 หมู่ที่ 6 ศาลายา พุทธมณฑล, นครปฐม 73170

02-116-5656、092-462-1936

https://goo.gl/maps/rGg9Cya2HRz

ラマ5店(ノンタブリー県)

48/6 หมู่5 ถนนสุขาภิบาล 1 บางศรีเมือง อำเภอเมืองนนทบุรี นนทบุรี 11000

02-881-5596、065-506-5596

https://goo.gl/maps/UuEPGUXbams

*各店とも営業時間は11時〜22時(ラストオーダーは21時30分)

「ソムタムの家」というだけあって定評があり、このタイのソウルフードをリーズナブルに仲の良い人たちと楽しく食べることができます。

ところで、青いパパイヤはからだにいいって知っています?

熟したものよりも活性酵素が多く含まれていて、脂肪、タンパク質と炭水化物の分解を助け、新陳代謝を促進するんです。

タイ人女性にスタイルがいい人が多いのはそのせいかも知れませんね。

「タイ料理はおいしくてつい食べ過ぎてしまう」という人は、ソムタムを積極的にメニューに取り入れてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事