タイ在住者の90日レポート~オンライン申請ガイド【Chromeでもエラーなし】

もうすぐ90日じゃなかったっけ?

タイに住んでいる多くの人にとっては、この「90」というのは気になる数字だろうと思います。

タイに長期滞在する外国人は90日毎にイミグレーション(入国管理局)に「ちゃんと住んでますよ」っていう届け出をすることが義務付けられているのですが、ビザを1年に一度更新するとして、タイ国内にずっととどまる場合は年3回この届出をしないといけません。

以前はインターネットエクスプローラーでしかこの届出ができず、しかもなぜかエラーが出て受理されないこともあり、使えないサービスだったのですが、昨年あたりからイミグレーションのサイトが新しくなり、グーグルクロームにも対応するようになり、オンライン申請もスムーズにできるようになりました。

約3ヶ月おきにイミグレやワンストップサービスなどの出張所に出向くのはめんどうですし、今のところトラブルもないようですので、自宅や職場からでも空き時間にサクッと済ませることができるこの方法をおすすめします。

スポンサーリンク

オンラインでの受付について

90日レポートの届出は

  • 窓口だと期限の14日前から7日後まで
  • オンラインで申請できるのは期限の14日前から7日前まで

です。

必要なもの

  1. パスポート
  2. 出入国カード(TM6)

なお、イミグレーションに出頭しての手続きについては過去記事を参照してください。

スポンサーリンク

タイの90日レポート・オンラインでの手続きの手順

では、これから実際にオンラインで90日レポートの手続きを進めることにしましょう。

ステップ01. イミグレーションのサイトにアクセス

タイのイミグレーションのウェブサイトにアクセスし、Enter Website をクリック。

Apply for Notification of Staing in the Kingdom (Over 90 Days) または画面下の Online Service をクリック。

オンラインサービスの一覧が表示されるので、同じように Apply for Notification of Staing in the Kingdom (Over 90 Days) をクリック。

ステップ02. 規約に同意する

以下の規約が書かれた画面が表示され、サイト訪問者は同意することが求められます。

内容をかいつまんで説明すると、

  • 移民法により、90日以上タイに滞在する外国人は90日毎に移民局に居住地を知らせなければならない。
  • オンラインでその手続きを済ませることができる。
  • この手続きを怠ると2,000バーツの罰金。
  • 逮捕された場合は、一日に200バーツを上限とした罰金が加算され、法を順守するまで最高で5,000バーツにまで増額される恐れがある。
  • これは滞在許可を延長するものではない
  • 申請後、7営業日以内に手続きが完了するので、またこのサイトで確認すること(後述します)。
  • 手続きが完了し、Approved の表示が確認できたら、受領票(receipt of notification)を印刷しパスポートとともに保管しておくこと
  • もしオンライン手続きに間に合わなかった場合またはうまくかなかった場合は、書類を揃えて入国管理局に出頭して申請すること

こんな感じです。

ステップ03.入力画面に進む

ステップ02で同意して Accept をクリックすると以下の画面が表示されるので、Notification of staing in the Kingdom over 90 days (TM. 47) をクリック。

ステップ04. 個人情報とタイ入国時の情報を入力

上から順に、パスポート番号、敬称、姓名(ミドルネームは空欄)、性別、生年月日、国籍、出入国カード(TM6)番号、入国日、入国手段、便名の各項目を埋めていきます。

印は必須事項です。

  • 入力は半角英数字で、入力時には自動的に大文字に変換されます。
  • 国籍の欄は、右の虫メガネのアイコンをクリックすると国名の一覧がプルダウンメニューで表示されますが、自分で JAP とタイプすると JAPANESE が表示されるのでそれを選択します。
  • タイ入国日は、右のカレンダーのアイコンをクリックして選びます。

すべて確認して Submit をクリック。

 この時点で、もしオンラインでの申請期限である7日前を過ぎていた場合は、以下のポップアップウィンドウが表示され、これより先へ進むことができません。あきらめて居住地の移民局に出頭して手続きしましょう。

私はここであえなく脱落ですので、これから先は妻が手続きします。

ステップ05.ビザと居住地の情報を入力する

上からビザの種類(ツーリストまたはノンイミグラントビザ)、滞在許可をされている期限、住所、携帯番号、メールアドレスを記入します。

  • ビザの有効期限は、カレンダーアイコンをクリックして日にちを選択します。
  • 県名は、虫メガネアイコンをクリックして選択します。
  • それに伴って市(郡)名や地区名も選択できるようになります。

すべて確認して Submit をクリック。

ステップ06.確認画面

これまでの入力情報が表示されるので確認します。

重要事項

  • これはビザの延長手続きやないから、勘違いせんようにな?
  • 期限内に90日レポートせなんだら2,000バーツの罰金、もし90日レポートをせんと逮捕されたら罰金は4,000バーツやで?(あれ!?冒頭で5,000バーツって...)
  • 90日以内に国外に出てまたタイに舞い戻って来たら、その日からまた1日ってカウントしてあげまっせ。
  • しゃんと内容確認しておきなさい。もし入力した情報が正しくなかったら、この手続きチャラにしてしまいまっせ?

表示内容に間違いがあれば Back をクリックして修正し、間違いなければチェックボックスにチェックを入れ、Accept をクリック。

ステップ07.オンラインでの入力完了 

このような画面となります。

ステップ06での重要事項と共に、画面上部に

  • ビザの延長手続きしたわけやないぞ、勘違いしなや?
  • こちらから "Approved" 出すまでは手続きは終わっていまへん。

というメッセージが表示されます。

画面下部のバーコードの上の Transaction Reference Number (TRN) というTMから始まる長い番号は、念のため控えておくかスクショをとっておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

タイの90日レポート・オンラインでの確認方法

では続いてステータス(審査経過)の確認方法です。

ステップ08.イミグレーションからのメールを受信

オンラインで入力を終えたあと、数日でステップ05で入力したメールアドレスにこのようなメールが届くはずです。

うちは翌日にきました。
  • 差出人: notify.residence@pibics.com
  • 件名: Immigration Bureau Thailand

念のため、迷惑メールフォルダに入っていないか確認しましょう。

ステップ09.イミグレーションのサイトでステータスをチェック

ステップ01~02の通りイミグレーションのサイトにアクセスした後、ステップ03の画面で真ん中の緑色の背景の Check the status of your application をクリックします。

このあと、ステップ07の Transaction Reference Number を入力する方法と、

パスポート番号、生年月日、国籍(JAPANESE)を入力する方法があります。

Transaction Reference Number を入力した場合は、

パスポート番号、生年月日、国籍(JAPANESE)を入力した場合は、

と、それぞれ申請状況が表示されるようになっています。

*2番目の写真は、息子のパスポート情報を入力した画面ですが、以前オンライン申請して失敗したときのデータがまだ残っていました。

しかもまだ Pending(保留中) ...((((;゚Д゚))))

それぞれ Approved と表示されているはずなので、ステータスの右の虫メガネアイコンをクリックします。

ステップ10.Approved (承認)を確認して受領票を印刷

ステップ07と同様の画面が表示され、右上に APPROVED を確認したら、画面下の The Next Appointment をクリックし、次回の90日レポートの期限が記された受領票を印刷し、パスポートとともに保管しておきます。

 次回もオンラインで手続きすれば印刷する必要はないかもしれませんが、リエントリーパーミットの取得やビザの更新でイミグレーションに出向いたときにこの受領票がないと、目ざとい職員に確認を取られる(いちゃもんをつけられる?)こともあるので、めんどうでも印刷しておくことをおすすめします。

オンラインレポートができない場合

なにか不備があったり、システムがうまく作動していない場合は、

For further information regarding The 90-day Notification Report Service, please contact the immigration Branch Office in your residence area. 

というようなメッセージが出ます。

以下に、確認していただきたい項目と修正方法を記します。

使用しているブラウザに問題がないか確認
ブラウザでポップアップをブロックしていないか、またCookieを許可しているかを確認してください。
ブラウザで有効にした広告ブロックオプションを一時停止し、JavaScriptをブラウザで実行できるようにする必要がある場合もあります。

 

誤入力がないか再確認
必須入力事項をすべて正しく入力したことを再確認しましょう。
ドロップダウンメニューから選択する項目はタイプして入力せず、選択肢から選んで下さい。
また、大文字、日付の形式(日/月/年)、出入国カード(TM7)の番号の形式などにも気を付けましょう。

 

まだ90日レポートできる日になっていないか、期限が過ぎている
90日レポートでは入国した日(パスポートと出入国カードのスタンプの日付)を1日目とカウントします。
オンラインでレポートが可能な7〜14日前の範囲外ではないでしょうか?
15日前に手続きしようとしてもできませんので、14日目にもう一度試してみてください。

 

前回の90日レポートまたはタイ入国後、新しいパスポートを取得した
イミグレーションのシステムが、あなたの入力した記録をあなたの古いパスポート情報と照合しようとして、マッチしていない可能性があります。
古いパスポート番号の情報を入力して再送信してみてください(入国管理局は、次に再入国したときにデータベースを更新するようです)。

 

それでもダメな場合はウェブサイトに何らかの不都合が生じているのかも知れませんので、この場合は残念ながら窓口に直接赴くしかないでしょう。

どのシステムも完全であることはありません。

うまく機能しないこともあるかも知れませんので、なるべく早めにオンラインで手続きをしましょう。

最後に

受領票には次回のレポート日が記載されていて、タイ国内を旅行中でもネットで手続きできるので、私みたいなうっかりさんはカレンダーやToDoリストアプリのリマインダー機能などを利用するといいでしょう。

 うっかり忘れてしまった場合、イミグレーションに出頭して届け出すれば罰金2,000バーツですが、わざと手続きしないといった悪質な場合だと警告文のようにそれ以上の罰金を課せられる恐れもあります。

タイに長期滞在される方の90日レポートのオンライン申請と確認方法については以上になります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事