【タイで節約生活】バンコク郊外で家賃がひと月5,000バーツのアパートはこんな感じ

来タイ当初から、コンドミニアムとは名ばかりの格安アパートに住んでいます。

住居費は家計の中で大きなウェイトを占めるので、極力抑えたいところです。

ですが、安いと立地はもちろん良くありませんし、様々な問題も発生します。

この記事では、タイに住むのに家賃を抑えたいという方に、タイで家賃5,000バーツの部屋はどんな感じなのか、その一例をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ひと月5,000バーツのアパートの概要

私と家族が住んでいるのはこんな感じ、安さ、広さと職場までの距離が近いことが取り柄のアパートです。

各部屋の大きさはわかりませんが、全体の広さは65㎡。

現在の大学に着任したときに、学生たちがシェアしたり、タイ各地や海外から来るゲストを泊めるためのコンドミニアムがあると聞いて申し込みましたので、自分で探したわけではありません。

ただ、私のような海外から着た講師のほとんどは、不便さや清潔感のなさなどを理由に、数ヶ月で自分で別の部屋を見つけて出ていきます。

来タイ当初は中階に住んでいましたが、蚊に刺されるのが嫌なので数年で高層階に移り住んでいます。

 「高層階だと蚊に刺されない」ということはありませんが、自分の経験から高い場所の方が刺されにくいようです。

通常は高層階の方が家賃が高くなると思うのですが、ここでは家賃は一律のようです。

タイ式に、玄関を入ると直でリビングルームになります。

キッチンはないので、リビングスペースのベランダ側に電気コンロを置いて調理します。

シンクはベランダに設置。

乾燥機はいりません。
特に暑い日は超音速乾燥。

豪雨の時はずぶぬれになりながら食器を洗い、そのまま自分も天然シャワー...

...というのは冗談で、ベランダに鳥除けネットが設置してあり、それにさらに日よけネットをかけたおかげで雨も降り込まないようになっています。

ベッドルームとバスルームは大小一つずつあります。

というと聞こえはいいですが、バスタブはもちろんなし、シャワーはユースホステルやドミトリーの共同シャワーのようです。

うちは家電ショップで温水器(4,000バーツくらいで買えます)を買い、取り付けはアパートのスタッフにお願いしてあります。

プールやジムはありませんが、駐車場スペースがあり、セキュリティーもしっかりしているので、いままでに空き巣に入られたとか強盗に押し入られたというようなトラブルに見舞われたことはありません。

階下に洗濯屋さんがあり、洗濯&アイロンがけで1kgあたり80バーツ、ドライクリーニングも受け付けてくれます。

また、1回10バーツのコインランドリーも結構な台数を設置してありますが、うちは洗濯機を自前で購入し、小さい方のバスルームに設置しています。

スポンサーリンク

ひと月5,000バーツのアパートの住み心地

住み心地はどうかと聞かれると、正直とても快適とは言い難いです。

ゴキブリはほとんど出ませんが、ちょっと旅行に行って帰ってくると、ありさんが隊列を組んでいたりします。

また、ネズミが出たこともあり、パスタなどストックしてある食品を齧られ、それが妻の最大のストレスになっています...

粘着式のネズミホイホイも売っていますが、アパートのネズミ取りを借りて捕獲します。

床は入居時からガンガン掃除してもきれいにするのに限界があり、室内履きはマストです。

また、テレビやネット回線は自分で手配できません。

日本の番組なんかは見れませんし、アパートのWi-Fiが弱い時はスマホのデザリングでしのいでいます。

こんな感じなので、十数年間タイに住んでいてもずっと仮住まいを続けているといった感覚でいます。

スポンサーリンク

ひと月5,000バーツのアパートのロケーション

いちばん近いBTSとMRTの駅まで車で45分(笑)。

しかし路線バス(エアコン&ノンエアコン)やロットゥー(乗り合いミニバス)が頻繁に出ており、バンコク中心部までは約1時間。

ほとんど利用しませんが、タイ国鉄の駅も近く、特急も停車します。

ひと月5,000バーツのアパートに住み続ける理由

正直に言うと、日本のきれいな実家(改築したばかり)からタイに戻ってくると、もっといいところに住んでもいいかなぁと思う時もあります。

ですが、以下の理由で結局はずっと同じアパートに住んでいます。

1. 住居手当を浮かせることができる

私は1万バーツ、妻は5,000バーツ、それぞれの勤務先から家賃補助という名目で手当てをもらっていますが、この差額の1万バーツを生活費や貯蓄に組み込むことができます。

2. 職場まで車で5分と近い

渋滞にはまって時間を無駄にするのは本当にもったいないので、たまたま勤務先に近い場所に家族で住める安アパートがあってラッキーでした。

バンコクから車で通勤してくる同僚もいますが、渋滞を避けるため、朝は6時前に家を出て、夜も夜9時過ぎまで待って帰宅しているそうです。

渋滞がなくても片道40~50分かかりますから、わざわざ家賃が高く時間もかかる場所に住む必要はないと考えています。

あと、田舎者なので、あまり混雑している場所が好きじゃないんですよね。

3.子供がひとりしかいない

子供がもう一人できていたら、今のアパートは手狭になりますので、もっと別の部屋に引っ越していたと思います。

過去に一度、2人目ができるのを想定して近くを探してみたこともありましたが、この周辺には数部屋タウンハウスしかなく、相場がだいたい12,000~15,000バーツでした。

4. 居住空間に多くを求めていない

うちのライフスタイルとして、

  • 平日は妻も私も仕事、息子は学校
  • 週末は子供の習い事に行ったあと買い物&夕飯
  • 長期休暇期間(4月)は日本に一時帰国

このように、週末や休日を自宅でのんびり過ごすということがありません

また、仕事が立て込む時期はサッと職場に行き、朝から晩までこもっていますし、自宅に誰かを招くということも皆無なので、自宅に快適さを求める必要がありません。

5. タイにいつまでも住むという確証がない

先ほども書きましたが、タイには「長期間の仮住まい」という感覚でいます。

もちろん子供が学校に行っていますので、それなりに腰を据えてはいますが、いつまでタイに住むかは未定ですし、子供も将来どこに行くのか見当もつきませんので、コンドミニアムの購入はいまのところ考えていません。

私たちにとっては 「なるべく安く賃貸」 というのが最適解だと考えています。

6. 生活レベルは一度上げてしまうと下げることは難しくなる

人間というのは、一度上げた生活レベルを下げることにかなりのストレスを感じるようです。

ですので、月々の固定費を上げる際にはかなり慎重になる必要があると思います

私は妻をタイに呼び寄せた頃、現在の約3倍の家賃のコンドミニアムに住もうとしていたことがありました。

当時のドイツ人同僚が退職して本国に帰るというので、彼が住んでいた部屋を紹介してもらって、室内も窓からの景色もとても気に入ったんです。

新婚だったんで、ロマンチックな生活を夢見るじゃないですか。

でも妻がクールで慎重だったので、結局は「普通に住めればいい」ということになりましたが、正解でしたね。

その後、子供が生まれたときに出産費用がメチャクチャかかったんで。

ひと月5,000バーツのアパートのまとめ

まとめますと、

  • タイでは物価がジリジリと上がってきているのを感じる今日この頃ですが、いまのところ予算が少なくてもバンコク首都圏でも5,000バーツ程度でアパートを借りることができます。
  • ただし、安いだけあってロケーションは良いとはいえず、備え付けの家具も安物です。
 日本人を含め、外国人で一人暮らしをしている人たちの家賃は、バンコク中心部やBTSの駅近で概ね8,000~15,000バーツくらいです。

「住めば都」とはよく言いますが、実際いままでいろんなところで生活してきましたが、慣れですね。

もちろん、あまりにも汚れているとか、プライバシーがないといったところは例外ですが。

 ただし、通常は5,000バーツのアパートと言うとワンルームタイプのもので、この値段でこの広さのアパート(家族用)を見つけるのはたやすいことではありません。

ご自身の予算、ライフスタイル、ロケーションや設備、周辺の環境や雰囲気などをよく考慮に入れて、ある程度時間をかけて探すことをおすすめします。

本文中の写真について

最近アパート内で部屋を変わり、引っ越し時に撮影しましたので、ずいぶんと生活感がない写真になっています。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事